ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

2012年はアメリカ大統領選挙

去年は控えめにしておいて正解でしたが今年はどうでしょうか。ジム・ロジャースさんは2012年と2013年は楽観的にはなれないと発言されていますが、個人的には今年は楽観的です。まあ基本いつも楽観的なのですが。2012年はアメリカ大統領選挙の年ですから、基本的に為替は安定し、株価は上昇すると勝手に決めているのが一番の要因だったりします。

オバマさんはきっと雇用改善のピークを2012年に持ってきて期待とともに支持率を向上させるのではないかなとみています。この兆候は出ていますので期待できると思っています。当然雇用が改善してくると株価は先に上がりますので、今年はアメリカ株を買うチャンスになると思います。

ただし外的要因なリスクがあって、それは欧州と中国だと思います。欧州に関しては、2011年にすでに色々ありましたが、政治劇っぽくて、結局欧州の団結を高めて、ドイツの地位をさらに向上させたのかなと思います。さらにユーロ安を演じるかどうかは、これから出てくる政策などに左右されますから、要注意です。でもVIXは落ち着いてきていますし、これはほとんど終わっていると考えています。これからのニュースは株価に関しては逆にプラスに働くかもですね。最近のユーロ安はアメリカの調子が良いのでファンダメンタルズにあわせて調整されていると見ています。

問題は中国ですね。中国の不動産投資はいまだ異常です。異常な不動産投資の後には必ずバブル崩壊がやってきます。これは日本も、アメリカもそうでしたから、中国もそうなはずです。当然それが分かっている中国政府は色々やっていますが、ショックはやってきます。ソフトランディングさせるにはアメリカの好景気が必要だと思いますので、どちらにせよアメリカは好景気となる予想です。もしアメリカの景気が良くならないようだと、ちょっと怖いですね。このときは株は撤退したほうが良いですね。

ということでリスクはありますが今年はアメリカ株にとっては良い年になりそうです。日本株はあまり期待はできませんが、それにつられて上がるかなといった感じでしょうかね。ドル円に関してはどちらかと言うと円高バイアス継続と思いますが、ボラは落ち着くとみていますがどうなるでしょうか。しばらくはアメリカの失業率動向がキーかなと思います。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/01/10 19:39 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(4) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。