ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

FXとは勝ち方が異なるバイナリーオプション

FXとバイナリーオプションは扱う原資が同じだったりするのですが、FXで勝てる人が、バイナリーオプションで勝てるとは限らないですね。逆に今までFXをやってうまくいかず、不向きかなと思われた方でもバイナリーオプションを試してみる価値はあると思います。

FXには様々な投資スタイルが存在しますが、私は利益が乗っているときにどこまで利益を伸ばせるかがポイントと思っています。なのでポジションを張った後にも勝負は続きます。逆に意図に反した値動きを察知したら即損切りし、勝率は低くとも利大損小とすることで、結果的に利益につなげることが大事ですね。

一方バイナリーオプションの場合は、利大損小は関係ありません。勝率を上げることに専念するだけです。しかしバイナリーオプションの難しさは6分後とか終了時刻が決まっていて、そこでの価格が予想の範囲にあることかなと思います。トレンドなどをみて、勝率を上げることは出来ても、その瞬間の一瞬の値動きでやられてしまうこともありますね。

でも勝率は適当にやっても50%ですから、トレンドやレジスタンスやサポートを意識するだけで50%以上の勝率を得ることは簡単だと思います。

更にはそのときのボラタリティやトレンドの強さと提示されているターゲット価格などから判断して、High/Lowやワンタッチや境界を使い分けるだけでも勝率は上がります。

しかし問題はリターン率ですね。24Optionはリターン率が良く85%程度ですね。50%でやっていると、例えば5勝5敗で常に100ドルでエントリーする場合、75ドル負けてしまいます。率で考えると勝ち:負け=100:85となればつり合いますので、勝率54%以上あれば勝てるということですね。54%以上の勝率でより多く取引することで利益が積み重なるのが王道かな思います。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/29 12:03 ] 海外バイナリーオプション | Trackback(0) | Comment(0) |

【Markets.com】スパイク

Markets.comで12月21日に早速スパイクを体験しました。原油(Crude Oil)のロングポジション複数を取っていたのですが、その日の20:00-20:20にいきなり50ドル以下に下落し、私のポジションは全てストップロスとなってしまいました。ちょうどこのとき忘年会をしていたもので、ポジションの確認なんてしていなかったので気付きもしませんでしたが。

それからその日の23:20くらいには、以前の残高よりも少し多めの金額が口座に振り込まれ、残高的にはラッキーな感じでした。このときに振り込んだ旨のメールが届いて、やっと何かが起きていることに気付いた感じです。

ただ今までのポジションが解消されているので、酔っ払いながらも、なんだよと思いつつポジションを取り直したのですが、次の朝になるとなんと以前のポジションそのままが復帰していました。取り直したポジションがたまたまプラスだったのでラッキーですが、ポジションを復活させるのであればメールが欲しかった。

23日には、英文で理由と謝罪のメールが来ました。OANDAでの経験と比べれば格段にすばらしい対応ですね。残高も現状復帰が迅速でしかも若干ですが色も付けてくれるなんてすばらしいですね。商品系はどこの業者でもまれにスパイクが発生しますが、対応がよい業者は貴重です。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/26 13:33 ] Markets.com | Trackback(0) | Comment(2) |

【24Option】モバイルアクセス

常にブローバンドに接続され、寝てる間も相場が動けばアラートで起きてというトレードジャンキーな方は専業トレーダーになるべきですが、トレードは副業でという我々は、様々な通信手段を使ったアクセス手段を用意しておいて仕事の合間や通勤時間などでも取引可能なようにしておきたいものです。相場は何時トレンドを形成するか分かりません。トレンドが出だしたら即その波に乗ることが肝心ですね。そういう相場の波は得てして仕事中に発生したりします。たださっと注文を入れることは出来たとしても、その後相場を追いかけるのは仕事中はできませんね。

ということもあってFXの場合比較的狭いTake ProfitとStop Lossを設定してしまいます。大きなトレンドが出ていてもあまり利益にならないのはもったいない感じがしてしまうこともありますが、モバイルだからと割り切っています。

でもバイナリーオプションの場合は関係ありません。トレンドが形成されたらその方向にHigh/LowやOne Touchを狙えばよいだけです。相場を追いかけながらTake Profit値を動かしてみたり、Stop Lossを切り上げたりといった作業は必要ありませんから、エントリーしたら後は仕事に集中できますね。

このようにバイナリーオプションはモバイルと親和性が高いと思います。24Optionでも最近モバイルアクセスが可能になりました。iPhoneやAndroidやBlackBerry最新版でwww.24option.comに行きログインするだけです。チャートも表示されてちょっと通信が重いので、タイミングを見計らってエントリーするようなことは厳しいですが、それでも外出先から簡単に注文を出すことが出来ますね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/20 10:57 ] 24Option | Trackback(0) | Comment(0) |

仕込み時か

もう来週から休暇に入られる方も多いと思いますが、そろそろ2012年の相場に向けて株の仕込み時のような感じがしています。VIXが下落トレンドで30を切っていますし、最近のアメリカの雇用関連指標が改善傾向にあります。最も巨大なマーケットであるアメリカの雇用改善は世界景気にも大きなインパクトを与えていくでしょうし、当然アメリカの株価に反映されていきます。

良い傾向はこれだけではありません。年末要因もありますが今ドルが買われている状況ですが、これはドルに対する信頼性が向上している結果と思っています。しばらくはドルが強いかなと思います。というわけでユーロは売られやすいですし、何よりも金などのコモディティに逃げていた資金が米国債などにシフトしていく傾向もあると思います。

今年はマイナスの銘柄も多く、節税目的でマイナス銘柄の処分がちょうど今頃実施されていると思います。こういった株は買戻しが入ることも想定できますね。ということもあって今買って一ヵ月後に処分するつもりでも良いかなとも思います。

ただ多くの金融機関や投資家の傷も癒えていないですし、EUも相変わらず予断を許しませんので、頭は重くゆっくりとしたペースでの上昇するシナリオで考えています。また消費の伸びが芳しくなく若干不安な点もありますね。しかし読みが外れてもQE3が実施される可能性が高まるので、アメリカ株に関しては買いに安心感があるのではないでしょうか。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/16 16:47 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(0) |

【Markets.com】モバイルアクセス

携帯でFXやCFDをやられている方は、ひょっとしたら少数派かもしれませんが、私には携帯でのアクセスがとても重要です。一時期Willcom D4を使ってどこでも取引が出来る環境を構築していましたが、最近はスマートフォンが普及してきたこともあって、証券会社もFX業者もモバイル環境を充実してきて、今や外出先ではBlackBerry一つで十分に取引することが可能です。

Markets.comはモバイルが最も充実しているFX業者の一つだと思います。Markets.comのモバイルアクセスは3つの取引プラットフォームを提供しています。

まず一つがMarket Mobile Traderです。HTML5のWebアプリケーションで、iPhone、Android、BlackBerry6で利用可能です。https://iphone.markets.com/にアクセスするだけで、注文やポジションの確認、残高確認などが行えます。このMarket Mobile Traderを利用するにはメタトレーダーの口座を開設する必要があります。Markets.comの場合、メタトレーダーかMarket Traderを選べますが、口座開設の際にデフォルトのメタトレーダーを選択しておく必要がありますね。

Market Traderを選んだ場合は、逆にMarket WAP Traderが利用できます。これでも十分に取引が可能です。私はメタトレーダーの口座を開いたのですが、Market WAP Traderの操作に慣れていることもあってこちらが良かったのですが、Market Traderで口座を開きなおす必要があるとのことで、このプラットフォームは利用していませんが、別のFX業者の同じシステムがi-modeからも利用できましたので、i-mode携帯の場合はMarket Traderで口座を開くことをお勧めします。

またiPhoneの方は、Market iTraderというアプリでの取引も可能です。こちらはチャートまできれいに表示できますし快適に取引が可能です。iPhoneユーザが羨ましいですね。

Markets.comのモバイルアクセスは充実してよいのですが、ミニ口座の場合毎月$20もかかります。標準口座にすることで無料になりますので、モバイルを利用される方は標準口座で口座開設したほうが良いですね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/12 22:36 ] Markets.com | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。