ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

ドル円史上最高値更新と介入

先週までは介入の可能性が高いので、円買いドル売りは難しいにしても私の相場観からしてまだまだ円高が継続するとみていましたから、今朝方ドル円は75円32銭まで一瞬円高となったときも別にこれが投機的とは決して思いませんでしたが、政府はとうとう今日午前10:25くらいから介入に踏み込みましたね。

一時期介入の脅しが効いてペグ状態だったドル円相場ですが、ここ一週間は市場も安定してきましたので日本が介入する大儀が薄れ介入しづらいだろうといった思惑か、円買い優勢でしたが、ここにきての介入は私にとってちょっと意外でしたね。どうせ介入するならもっと早かったほうが良かったんじゃないかなと思います。ドルではなくユーロでね。

今回は当然単独での介入ですが、前回の8月の介入以降世界経済のバランスが崩れたふしがあるような気もしますが、今回の介入が大規模になるとちょっとぶり返しが怖い感じがするのは私だけでしょうか。

政府はすぐに投機的な動きが原因と勝手に原因を特定していますが、そんなに簡単に原因が一つに特定できるほど相場は簡単ではないですからね。投機的とかという言葉はマイナスなイメージがありますから、後ろめたさがある介入の大儀を自分で作り上げているにすぎないだろうと思いますね。実際のところ円高は需給的に仕方がないところがあったと私は思っていますが、きっと某大手自動車メーカーとか某大手事務機映像機器メーカーとか某団体連合会あたりから圧力がかかってやらされているのかなと勝手に妄想しています。さらにそんな介入の言い訳に震災を出さないで欲しいですね。

やはり円高な理由は決して一つではないと思います。原因に手を打たないと、幾ら表面的な対応ばかりしてもコストが余計にかかるだけじゃないでしょうか。大きな原因の一つは日本だけがデフレなことでしょうかね。さらにはアメリカのドル安政策も大きいですよね。短期的には債権国である日本に対する安心感的なものあるかもしれません。円高を本当に問題と捉えるならば、きちんと要因分析して特性要因図でも描いて、攻めどころを議論して、対策を評価していくようなプロセスを当然官僚はやっていると思うんですけどね。傍から見てると政治の世界は科学的には見えないですからきっと色々あるんでしょうね。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/31 18:11 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |

【Markets.com】円口座

Markets.comでもMetaTrader4の口座で円口座が使えるようになりましたね。これで入出金の為替手数料を気にすることなくレバレッジ200倍で取引することが可能になりました。入金はクレジットカードから為替手数料を気にすることなくできるので、国内のFX業者より利便性も高いのではないでしょうか。

ドル建ての場合、日本のクレジットカードで入金すると大抵は円建て決済ですので、為替手数料を1.6%ほど取られますが、円口座にすると円での請求ですから当然こういった手数料は必要ありません。クレジットカードで300,000円入金して、取引後クレジットカードで300,000円出金した場合、かかる手数料は一切ありません。

この入出金の際の為替手数料以外に円口座の良いところは、確定申告の際の損益計算が円のまま足し算するだけで済むので非常に楽なことと、クロス円の取引がほとんどの場合は、損益が把握しやすいことにあります。

例えば、日本人だとクロス円に馴染みがありますのでクロス円中心の取引になることが多いですが、ポンド円で10,000通貨で100pips取ると10000円の利益となるのは簡単に計算できますね。ポンドドルの場合は10,000通貨で100pips取ると100ドルの利益ですが、決算時のドル円相場次第で7500円とか7600円とか利益が変わってきます。逆にドル口座の場合でドルストレート中心に取引すると損益が把握しやすいですが、クロスは把握が難しくなりますね。そういった意味でも取引通貨ペア毎に口座を設けるのも管理しやすさという点であると思います。

Markets.comの口座通貨はUSD、GBP、EUR、JPYが選べます。もちろん一人が複数口座を持つことも出来ます。CySEC配下で安心ですし、日本語サポートもありますので、国内の低レバレッジに不満であれば、まずはMarkets.comの円口座で海外FXを体験してみるのも良いですね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/27 21:21 ] Markets.com | Trackback(0) | Comment(0) |

埋没費用効果

今回の急落で為替や商品のロングポジションを幾つか処分しましたが、ほぼ値を戻してきましたので、結局処分しなくても良かったというのが今のところの結果のようですね。しかし私の投資方針としては、市場に言われるがままヘッジポジションを作ったりポジションを減らしていくことで、これを計画通り実行することです。

ヘッジポジションを取るということは、仮に値を戻すとなると損失となりますし、またポジションをクローズして、そこから値が戻ってくると気持ちが良いものではありませんね。心の中ではリスクオフしなければ良かったとはっきり言って思っています。でも心理状況はどうであれ行動は合理的に行わなくてはいけません。

私の想定する最悪ケースはパニックに陥って取引を降りることです。復帰できないくらい損失を出すことは避けたいと思っています。ですのでストップロスを設けることは重要ですね。しかしストップロスが近づいてくると思わずひょっとして値を戻すのではないかとストップロスを動かしてしまうことがあるんですね。でも一番重要なのは取引を継続することです。一旦ストップロスを受け入れて、過去のことは忘れて今の口座残高で取れるリスクから取引を再開することが大事です。

ビジネスの中では埋没費用(Sunk Cost)というのは既に発生していて回収できない費用のことですが、それによって判断が左右されてしまうことを埋没費用効果と呼びます。投資においても同じで既に損失を出しているポジションが埋没費用であって、それによって判断が左右されてしまってはいけないのです。ただ投資の場合値を戻すことがあるということが埋没費用効果を増幅させてしまいます。

逆もあります。ロングで損失を抱えている状態でも、今の口座残高でロングポジションを今よりも多く持ちたいと判断する場合は、ストップロスというより買い増しするということですね。都度相場を見ながらポジションをあわせるのがポイントになります。

株式でも同じです。株はずっと持っているといずれ上がるといってずっと損失を抱えたまま持っている人を何人も知っています。私は買値より30%位下がった株は今後もこの株が上がるのかどうか、他の投資先も含めもう一度考え直すようにしています。問題が一時的であれば特に何もしないことも多いですが、埋没費用に左右されずその都度最善の判断を行うことが大事だと思います。

さて一時のリスクオフの動きは落ち着いて、相場は新たなトレンドを形成しようとしています。まずは埋没費用のことは忘れて、トレンドをキッチリ確認してからポジションを増やすも良し、打診買いするも良し、じっくりゆっくりと対処して行こうと思います。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/25 20:18 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |

Margin Account

Firstradeの私の口座はMargin Accountですが、基本的に株式にレバレッジを掛けた取引は行わないですが、とっさに売買したい場合に現金を入金して、残高に反映されるのを待っていたのでは数日かかってしまいますので、その場合にMarginで取引することがまれですがあります。

Marginで取引するということは証券会社から借金をして株式を購入することです。このMarginで取引が行えるのがMargin Accountです。Cash Accountを選ぶと借金して株式を購入することが出来ないということです。

借金をするためには最低限の資金が口座にないといけません。FirstradeではMinimum Marginは$2,000ですね。

株式を購入する際に50%までを借金することが出来ます。その50%の資金のことをInitial Marginとか言いますね。FXをやられている方にはお馴染みのいわゆる証拠金ですね。

借金は無期限にすることができます。ただしMaintenance Marginという維持証拠金があって、残高がこれを下回ると強制決済が行われます。これをMargin Callと言いますね。Firstradeでは30%になります。

当然ただで借金できるはずがありません。Marginで取引された株式は担保となり、借金に関しては利息を払う必要があります。当然長く借りていたり、借りる額が増えていくとコストがかさんで行くことになります。というわけで長期でMarginを利用することはお勧めできません。利息は借金の額によって変わりますし、常に変更されますが5%~8%くらいだったりしますので高いですね。

また全ての株式がMarginで取引できるわけではありません。1ドル未満のPenny Stock扱いの株式や、OTCBBで取引される株式やIPOはMarginで取引できません

では例えば$10,000入金すると、取引可能な金額(Buying Power)は$20,000になります。これは$20,000の50%が$10,000だからですね。$5,000分の株式を購入したとして、まだ$15,000取引可能金額が残っていますが、$10,000未満ですのでまだ借金はしていないMarginに達していない状態ですので利息などは必要ありません。一旦$10,000を超えて株式を購入すると借金開始で利息がかかります。

また担保となっている株式の株価が変動すると取引可能な金額に影響します。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/21 20:52 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(0) |

リスクオン

最近リスクオンとかリスクオフという表現をよく耳にします。ブルとかベアとか言うより断然分かりやすくてとてもよい表現だなと思います。ブリッシュとかいってもほとんど通じませんしね。私はVIXを参照して為替のポジションを調整していることを以前書きましたが、VIXは30を切ってきましたのでヘッジポジションは外して行き、どちらというとリスクをとりに行く投資スタンスに今現在徐々に変えていっています。まさにリスクオンな状況ですね。

欧州債務危機でVIXは31くらいから48くらいまでのボックスだったのですが、30を切ってきましたので、VIXはボックスを下に抜けて、株価は上昇、新興国通貨も上昇と基本的に見たいと思っています。

ただちょっと中国の株価動向が気になります。上海総合指数を見ていると結構ヤバメな雰囲気がありますので、ここら辺の動向はしばらく要チェックです。ただ日本を除く先進国株式はレンジブレイクし上を向いていますので、今後は先進国主導で上げていく相場となるのでしょうかね。

思うのですが今回の危機以降、投資の質が変わったのかもしれません。投機的な新興国への投資よりは安全で確実な大企業への投資へシフトしているのかもしれませんね。こう立て続けに経済危機がやってくれば誰しも安全運転したくなりますから当然かもしれませんね。

ギリシャの問題は長引きそうですし、下手すれば他のPIGSへ飛び火するかもしれません。ポルトガル、イタリアやスペインへ飛び火するとさすがに完全リスクオフとなりそうですが、とりあえずすぐにオフに出来るようスイッチに手を掛けながらの投資になりますよね。自然と流動性の高い銘柄に資金は移りますね。

こういった流れもあって、確かにリスクオンなのですが、新興国投資なんかよりもダウ平均銘柄へ資金をシフトさせようかなとも考えています。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/17 17:07 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。