ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

米国債務上限引き上げ問題

ちょうど一週間後、8/2の期限に向けて米国債務上限引き上げ問題が、 ニュースで頻繁に取り上げられていますが、 この話はきっともう妥協点は大体決まっていて、 オバマ大統領は緊急演説したりと、 あたかも苦戦しているように見せているだけかなと思っています。 デフォルトするなんて選択はありえないですが、 わざと債務削減計画を曖昧にして、ドルを売らせようという魂胆かなと見ています。

アメリカがデフォルトというのはかなり強烈なインパクトのあるメッセージですが、 こういった強烈な話は実はおとりで、真にやりたいことは別にあるものだと思います。 実際に市場は一切デフォルトを織り込んでいないと思います。

じゃあアメリカは何をやりたいかですが、 まず欧州財政問題とのバランスを取りたい、 それと回復しない雇用問題から目を逸らさせることが目的かなと思っています。

ギリシャ格下げとかデフォルト確実とか、 ニュースでやっていますがユーロは売られるネタに事欠きません。 今欧州はネタの宝庫ですからね。 一方アメリカは実はドル安に支えられた企業業績が好調で、ダウ平均も順調に推移しています。 アメリカはこれを維持したいわけですが、今ドル高になるようなネタを出されると困るわけで、 じゃあというわけで、ちょうど債務上限を引き上げる必要があったし、 ちょっとゴネて、できれば格下げして貰おうかと企むわけです。 しかし極端なドル安も困りますので、バランスをとる落としどころを探る必要はあります。

また一方で、アメリカの雇用はあまり回復していないのですが、企業業績は好調です。 政治的不満が起きやすい状態を何とかしないといけないわけですが、 デフォルト回避に向けて努力している姿を見せておけば、そういった不満もしばらく抑えられるだろうというわけです。 8/2以降もこれを布石に、 歳出削減しないといけないから雇用を創出できないというロジックを振りかざしてきそうです。

というわけでアメリカにもバランスをとるオプションがいっぱいあるので、 どういったオプションを選択するかは分かりませんが、 国内産業を優先し経済を立て直すためにも、 欧州問題や国内政治不満にカウンターを当てながら、 切り抜けていくストーリーは変わらないと見ています。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/07/26 19:12 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(2) |

【OANDA】金銀取引停止

OANDAからメールが届いていますが、7/15よりXAU/USD, XAG/USD, XAU/JPY, XAG/JPYの取引ができなくなります。 これはドッド・フランク法によるもので、消費者に対し貴金属のレバレッジ取引が禁止されることになります。 当然アメリカのみで、アメリカ以外のOANDAの口座であれば継続して取引可能なようです。 アメリカ人以外は、ヨーロッパの口座にポジションを閉じることなく移動することもできるようです。 レバレッジ取引が禁止されるのは、金と銀だけで、通貨取引に関しては今までと変わらず取引可能です。

ドッド・フランク法にオバマ大統領が署名したのが2010年7月21日ですが、 この法案は金融規制監督を強化するもので、 金融機関にのみ関係しているのかと思っていました。 まさか自分も影響するとは。完全に見落としていました。

ここ1年の金の値動きは、わかりやすいというか、トレンドが形成されていますので、 利益を上げやすい取引ができないのはもったいないですね。 アメリカ人が可哀そうに思えます。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/07/09 06:45 ] OANDA | Trackback(0) | Comment(2) |

Hertz Never Lost

先月は仕事でシリコンバレー周辺に居た関係で、ブログが更新できませんでした。 今回の出張で、どうせ会社の金ということでレンタカーにナビをつけてみました。 道を覚えることは、脳の原始的な部分に働きかけるので、 文明に頼りたくないというのが私の持論ですが、 運転も仕事ですので、迷うと能率が落ちますので今回は頼ってみました。

個人だと絶対に予約しないHertzを使ったのですが、ナビは一日13ドルほどしました。 Hertzのナビはネバーロストという名前で提供されています。 早速車に乗り込んで、日本のナビのように電話番号でも入れてと思ったのですが、 操作性は全然違います。 まず起動がとても遅いので、ちょっといらっとしますね。

起動すると、Address/Intersection, Yellow Pages, Previous Destinations, Hertz Returnsなどが表示されます。 住所がわかっているならば、Address/Intersectionを選択します。 ちょっと買い物という場合は、SafewayとかをYellow Pageで探したりできます。 オフィスやホテルなどは、一度入力した後はPrevious Destinationsから探します。 最後レンタカーを戻すときはHertz Returnsから借りた場所を選択します。 そうしてShortest Timeを選択すれば、最短時間ルートをナビしてくれます。

走りやすさとか、風景とかは考慮してくれないのは日本のナビと一緒ですね。 結局ナビの言うことを無視していると、何度も曲がれと催促するところも一緒ですね。 Yellow Pagesで便利と思うことが結構あったのですが、自分の場合一日13ドル払うのであれば、 地図で十分かなと思ってしまいます。 だけど運転に慣れていないなかったり、全く知らない土地であれば価値がありそうですね。 日数が少ないのであれば、時間も節約できて、料金もさほど増えないから良いかもしれませんね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/07/06 00:29 ] レンタカー | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。