ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

【24Option】口座開設

日本語が使えますので説明するまでもないのですが、取引できるようになるまでの流れを書きます。

24Optionのページの口座開設を選択します。 まずは個人情報の入力です。 件名というのは無視して、名前、苗字、国、携帯番号、生年月日、電子メールアドレスを入力します。 電話番号は携帯の番号となっています。81の後に、090ならば90から始めて書きます。 誕生日は、日、月、年の順です。 次に口座情報です。ユーザー名は5-15文字、パスワードも5-15文字、口座通貨はUSD、GBP、EURが選べます。 パスワードは後でメールでそのまま送られてきますので、後で変更するつもりで。 最後は口座認証で、表示されているセキュリティコードを入力します。 「私は18歳以上です。同意します。」のチェックボックスをクリックします。 これで入力は終わりで「口座を開設する」を押します。 口座開設は以上で終了です。メールで通知が来ます。

口座開設すると入金の画面になります。入金しないと当然取引できません。 入金方法は、クレジットカード、銀行振込、Western Union、Liberty Reserve、MoneyGram、 MoneyBookersが利用できます。

クレジットカードの場合、 まず入金額ですが、最高20000ドルとかコメントが出てくるのですが、一日1000ドルまでで、 週5000ドルまでです。最低は250ドルです。 カード種別は、アメックス以外ほとんどのカードが利用できます。 カード番号、CVV(カードの裏面の番号の最後の3桁)、有効期限、名前、苗字、住所、 市町村、郵便番号と国を指定して、 入金を押します。これで確認が取られすぐに取引可能になります。

銀行送金も最低250ドル、一日最高1000ドル、週5000ドルまでです。表示されている口座に送金します。 Western UnionとMoneyGramは最低500ドルから一日最高1000ドルまでです。 Liberty ReserveとMoneyBookersは最低250ドルから一日最高1000ドルまでです。

どの入金手段でも24Optionでの手数料は無料です。 当然各入金手段での手数料が取られますね。 本人確認は出金まで行われないですので、入金の確認が行われ次第、取引が可能になります。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/04/27 00:59 ] 24Option | Trackback(0) | Comment(3) |

個人輸入の制限

つい最近の話ですが、個人輸入の際にちょっとした問題が生じました。 輸入しようとしたものは菓子類なんですが、 色んな味があるので面倒だから全種類購入してしまおうと、 大の大人が菓子なんですが大人買いをしてしまったわけです。

そこまでは問題無いのですが、どうやら買い過ぎたらしく重量が10キロをゆうに越えていたようです。 日本だと菓子といえば小さいイメージですが、 アメリカの場合2パウンド(900mgちょい)とかのパッケージも普通だったりします。 この場合10個くらい買えば10キロ越えてしまうので、 そんなに大量に買った覚えが無いのですが、 ネットだと実物は見えないですし、 うっかりしてしまいました。 10キロを越えると何がまずいかというと、個人輸入ではなく業務輸入とみなされてしまうことにあります。

個人輸入とは、私的使用・消費目的で輸入することで、 業務輸入とは、多寡に関わらず第三者へ配布・販売目的の輸入のことです。 個人輸入では通関は必須なのですが、付随する他法令規制が免除されています。 業務輸入だと、こういった他法令規制など面倒なことが課せられてしまいます。

食品は、目安として10キロまでは個人輸入とみなし、それ以上は業務輸入とみなすことになっています。 越えた場合は、食品衛生法に基づく「食品等輸入届書」の提出が必要になります。 また連続して同一住所に複数の10kg未満の荷物を送った場合も、 業務輸入とみなされてしまうことがあるようです。 とのことで、荷物を2つに分けて、しかも2週間くらい間隔を開けてから2つ目を送るように手配しました。 お陰で多めに手数料を取られてしまいました。

同様に、 食器、キッチン用品、調理器具も10キロまで、 幼児玩具・幼児用品も10キロまでです。 飲料品は10リットルまでというのもあります。 面倒なのが、医薬品や化粧品です。 大体が2ヵ月分の分量で、処方薬が1ヵ月分になります。 また24個制限のものが結構あります。 食品と思っていても医薬品とみなされて個数制限されたりもします。 送料を節約しようとついつい大量購入してしまうのですが、 程々にしないといけませんね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/04/26 00:44 ] 個人輸入 | Trackback(0) | Comment(0) |

リスク管理

金融工学とはリスクマネージメントのためにあると思っていますが、 その土台となるところは確率です。 原子力発電所の安全性も確率の上に築かれたものであって、 リーマンショックが100年に一度の金融危機だと言われていますが、 今回の原発事故も1000年に一度とも言われています。

我々個人投資家のリスク管理といえば、破産リスクの管理でしょう。 そもそも投資とはリスクを取引するものですから、 資金管理をしながら、期待値や優位性を考慮してポジションを形成することは当然です。

こういったことが分かっていない個人投資家が多いのも事実で、 今年の8月1日からレバレッジ規制によりレバレッジが最大25倍となります。 でもそういった投資家に対してはまだ25倍もあるので危険ということだと思います。

普通100倍程度レバレッジをかけるスタイルの場合、 口座にはリスクが許容できる額だけを置き、 強制ロスカット以上に損失が増えないように取引業者と銘柄を選びます。 また取引はオーバーナイトなどもってのほかで、短時間で決済することになります。 このスタイルはリスクが少ないと言えると思います。

逆に5倍程度のレバレッジでAUD/JPYを88円でロングし、 ストップロスも設定せずに放置しておいたところ、 100年に一度の金融危機が起きてあっという間に70円となったならば、破産となります。 このスタイルはリスクが高いように思えます。

また気をつけないといけないのが流動性と言うか、値段が飛ぶケースです。 株の値が飛ぶのは当たり前ですが、CFDでも値が飛びますし、オプションでも値が飛びます。 FXでも週末に値が飛びますね。 例えば証拠金100万円の口座でAUD/JPY25万ドルを88円でロングして、 週末に何か大事件が起きて週が明けたらスプレッドが巨大になりBidが50円となった場合、 マイナス950万円ですから、850万円の追証が発生するでしょうね。 レバレッジは22倍だった訳ですが、十分に危険なのが分かると思います。

このようにレバレッジ規制の顧客保護に対する根拠は怪しいわけです。 最近我々は確率が十分に無視できる事象が発生するケースを、頻繁に目の当たりにしていると思います。 確率なんて怠惰な思想は無視して、起きうるものは必ず起こるものとして、対処や対策を日頃から考えておくべきですね。 投資家にはそれ相応の責任があることを忘れてはいけません。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/04/21 20:42 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |

【24Option】24Option

バイナリーオプション業者の24Optionを紹介します。 24Optionはロンドンにある247 Holdings Group Ltdが提供しています。 私が海外業者を勧める際に重視するのは、業者の信頼性もありますし、 日本語が利用できる点も重視しています。 外国語がストレスになって投資に集中できないようでは本末転倒です。 その点24Optionは日本語が問題なく利用できます。 日本語を利用できるだけでなくリターン率も85%と高くなっています。 ほかの業者をみると70%から80%くらいが多いですね。

ざっとスペックを並べると以下のようになります。

最大リターン
85%
最低預入額
$250
最高入金額
  • 1日1000ドル
  • 週5000ドル
  • 月15000ドル
または利用可能な取引通貨のいずれかのローカル取引通貨の相当額
最低取引金額
$24
最高取引金額
ハイ/ロー
一回取引 3000ドル/ユーロ/バウンド (すべての商品対応)
ワンタッチ、境界
一回取引 2000ドル/ユーロ/バウンド (すべての商品対応)
取引方法
ハイ/ロー、ワンタッチ、境界
取引ツール
ブラウザ
入金手段
クレジットカード、銀行振込、Moneybookers
出金手段
クレジットカード、銀行振込、Moneybookers
入金手数料
無料
出金手数料
月一回無料、それ以外は30ドル
取扱銘柄
12通貨ペア、2商品、8株式インデックス、8個別株(5外国、3国内)

取扱銘柄は、通貨ペア、商品、株式インデックス、個別株などになります。 通貨ペアは、 USD/JPY、 GBP/USD、 USD/CAD、 EUR/TRY、 USD/CHF、 GBP/JPY、 EUR/GBP、 EUR/JPY、 AUD/USD、 USD/TRY、 EUR/USD。 商品は、OilとGold。 株式インデックスは、 Dow Jones、S&P 500、Nasdaq、SMI-Future、DAX、IBEX、FTSE、CAC-40 Future、MIB-40 Future。 個別株は、 Barclays、Apple、Google、BPです。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/04/19 20:57 ] 24Option | Trackback(0) | Comment(0) |

【AVA FX】AVAFXの日本版AVATRADE

AVA FXが、 日本人の口座開設を表だっては止めてから、一年ほどたってCFDだけですが金融庁の認可を受けてAVATRADERという名前で日本で営業を開始ししています。 FXは近いうちに認可が下りるとAVAの方がおっしゃっていましたが、 とりあえず商品CFDだけの取り扱いです。 この記事に書いた通りやっぱり本体の口座とは別物で、日本独自のものになります。

レバレッジは最大で20倍ですが、それなりにAVA FXの魅力を継承しています。 まずはMetaTrader4が利用できます。 逆にAVATraderが利用できませんが、世の中はMetaTrader4に集約されてきていますので、まあ良いかなと思います。 でもできればAVATrader使いたいですけどね。

次に商品CFDの品揃えですね。 AVA FXの商品CFDがそのまま取引できます。 以前表を書いてからプラチナが増えたところまで書きましたが、今はブレント原油と銅が加えられています。これらが低いコストで取引できます。

でもやっぱりFXや株式インデックスや個別株や国債などのCFDの取り扱いがないのは、寂しすぎると思いますね。 本家には遠く及ばないかなというのが率直な意見です。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/04/12 00:55 ] AVA FX | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。