ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

【OANDA】Net Worthの更新

しばらく旅行に行けないし、 銀行にドルを預けていても利息がつかないので、 OANDAなら証拠金に金利がつくので、 そっちがいいやと小切手を送ったのですが、 net worthの上限を越えているとのことで、 預けることができませんでした。

Net worthって総資産的なものだと思いますが、 口座を開くときには、適当な値でも入れていたとおもうのですが、 そのときも特に意識はしていなかったと思います。

このnet worthを更新しろということですが、 一体いくらにしようか悩みます。 net worthは CNNのサイトで計算できるらしいです。 でも日本円資産を含めるとそれなりの額となると思うのですが、 どうせ証拠を提出しろと言われると思ったので、 ほぼドル資産を申請することにしました。

申請すると案の定、最近の銀行のステートメント(recent bank statements)、 給与明細(pay stubs)、確定申告書(tax returns)、ジョブレター(job letters)など 申請した額を証明する文書を要求されました。

いやはや面倒なことになってきました。 当然英文が良いわけで、 とりあえず銀行のステートメントのひとつと、 証券会社のステートメントとOANDAの残高で大体半分位の額になるので良いかなと思ってコピーを送ったのですが、 もっと必要とのことで、銀行の全口座のステートメントと米国以外の口座などは残高を表示したホームページのコピーをいくつか揃えて送ったところ無事に更新され、入金も反映されました。

全部英文、ドル資産だったからよいものの、日本円の資産を証明する書類を提出する羽目にならなくてほんと良かったです。 でも最悪税務署に行って、納税証明書とか所得証明書とかを英文で作成してもらえばよさそうですけど、 お金もかるし面倒ですからね。 大体、小切手送っているんだからそのまま入金してくれればよいと思うのですが、 面倒なシステムです。

OANDAは顧客がいくらまで預けることができるかは様々な要素で決定しているようですが、 基本的にnet worthと同じ額だけ預けることができるようです。 じゃあ、OANDAの残高と銀行のステートメント分だけをnet worthとして申請しておけば楽だったということみたいですね。 数ドルの利息のためにちょっと労力を使ってしまいました。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/12/30 17:00 ] OANDA | Trackback(0) | Comment(0) |

Reload Software: 552

FC2の広告が出ていて、ブログが一月も更新されていないことに気がつきました。 仕事が忙しかったり、経費を増やすためにノートPCなどもろもろ設備投資したりで、 ますます時間がなくなり、投資のことにもあまり気が回らず、ブログも書けない日々が続きました。 こういう状態で相場が動くと、良くない判断をしてしまうんだよなぁとは思っていたのですが、 ラッキーなことに12月は相場はとても落ち着いていました。

しかしこのように忙しくしていると、なにかしら良からぬことが起きるものです。 ある朝私の携帯BlackBerry Boldを触っていると、ちょっと重いので再起動でもするかと、 alt+改行で、Englishを選択して、alt+文字+delで再起動をしたのですが、 なんと起動せず、"Reload Software: 552"と画面に出てしまいました。

何度バッテリーを抜き差ししても改善せず、あきらめてネットで検索すると、 OSを再インストールするしかないとのことでした。 バックアップは先月にとっていたのですが、 仕事のメモとか、ToDoなどが一月分なくなってしまうのは痛いです。 しかも忙しかったので、それなりの量を打ち込んでいたのでショックです。 これからはバックアップはもっと頻繁にとるようにします。 バックアップを取っていても、復元はやる機会がないので、 実際にこういったトラブルが起きると本当に復旧できるのか不安ですね。

まずはOSの再インストールの手順ですが、 バックアップを取っていれば、BlackBerry Desktop Managerはすでにインストールされていると思います。 それ以外にOSのイメージなどが入っているBlackBerry Device Softwareをインストールする必要があります。 私はドコモのサイトからダウンロードしてインストールしました。

BlackBerryのバッテリーを抜き、抜いたままにします。 BlackBerry Desktop Managerを起動して、バッテリーを抜いたBlackBerryをUSBケーブルでつなぎます。 この状態でBlackBerryは認識します。 Desktop ManagerのApplication Loaderを起動します。 右側のDevice Softwareの更新の方を選択します。 次にインストールするアプリケーションを選べます。 要らない言語や、ゲームなどは今回インストールしないことにしました。 実際に更新する前に、バッテリーを入れます。 それから更新を開始させます。

これでほぼまっさらな状態で起動できました。 まずDesktop Managerのバックアップと復元のところから、復元を実施すると、 BlackBerryの基本的なアプリケーションのデータやBlackBerryの設定は復元できました。 インストールしたアプリは、一つ一つ再インストールして、 Desktop Managerでバックアップがとれるアプリもあったので、再度復元を実行し、 おおよそ前の状態に戻すことができました。

BlackBerryはバックアップと復元がスムーズにできてよかったですが、 自分でインストールしたアプリとかは結構面倒でしたね。 Operaのブックマークが飛んだのはでかいです。 これを機に頻繁にいろいろとバックアップを取ることにしようと思います。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/12/29 10:11 ] BlackBerry | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。