ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

VIX

ここ数日の下げでチャート的に正念場ですね。 前回の安値を割って、このままクラッシュして二番底が来るのか注視しておきたいですね。 クラッシュするのであればいずれ景気は回復しますし、 絶好の買い場になると考えています。 とはいっても落ちてくるナイフをつかむようなまねはしたくありませんので、 闇雲に買い進むのはどうかとも思います。 なんとかして相場の変化点をうまくつかみたいものですよね。 そこで参考になるかもしれない指数の一つ、VIXについて紹介したいと思います。

VIXはCBOE(シカゴ・オプション取引所)のボラタリティ・インデックスのシンボルです。 S&P500を対象とするオプション取引の値動きを元に算出しているもので、 将来の投資家心理を示す数値として利用されており、 恐怖指数(the fear index)ともよく言われます。 値は CBOE で参照できますが、 私はYahoo! Finance のチャートでチェックしています。

株価が大きく下落する局面であればオプションでヘッジする動きが増えますので、 オプションが多く買われます。 よってこの値が高ければ投資家が弱きだということになります。

私自身VIXを常に参照するようにしているのですが、 直接売買することはないのです。 最近はCMC MarketsなどでCFD取引が可能なようですね。

参照にしているといっても米国株に関しては基本的に買いっぱなしで、 オプションなどは滅多に行いませんので、 今はおもに為替のためにみています。 今のところオプションが使いこなせていないのがまずいですね。 徐々にオプションも勉強して活用していきたいです。

為替はFXで高金利通貨の長期保有のためなのですが、 為替も株価に連動しているものも多いですので、 VIXが基本的に値が高値を切り上げているような状態の時は、 極力ヘッジポジションを作って下落に備えるようにしています。 逆に安値を切り下げているような状況ではヘッジポジションを減らします。 このように私は単にVIXが30以上だから売りというよりむしろトレンドを気にして行動するようにしています。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/06/30 18:19 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(0) |

投資方針を変えました

実は今年の3月から4月にかけて日本株の9割以上を売却しました。 10年以上培ってきた株を売却するのは何だか寂しい思いがしましたが、 今後の展望を考えたとき日本株の投資効率が悪いという結論から売却を決意しました。 まだ所有している株もあるのですが通算でほぼイーブンでした。 前半のプラスを後半で一気に持っていかれた感じです。 サブプライムローン問題のときいくつか大きなミスを犯してしまっていたのがまずかったです。 特にアーバンにはやられてしまいました。 これは今でも詐欺にあったと思っています。

投資方針はその人の年齢や資産状況や目的などで変わってくると思うのですが、 私の場合もうすぐ40歳が見えてきて老後のことや、 子供の学費のことなどを少し真剣に考えなくてはいけないと思うようになったことが大きいですね。

もしも今自分が20代であるならば、 インドとかベトナムなど新興国への投資を主体に考えます。 ここら辺はインデックスで十分勝負できると思いますので、 ETFであったり、 小額でも買える投信であったりを買い進めるといった投資方法で良いと思います。 ただ投資信託は新興国投資の場合信託報酬が高いことが多いですので、 銘柄選びは慎重に行いたいですね。 あと最近は南アジア、特にバングラデシュとかおもしろそうですね。 アラフォーな私もここら辺に手を出して行く予定ですけど、 とりあえず適切なETFの登場を待っています。

30代、40代だとある程度安定は必要ですが、 まだ資産的に十分ではなくどちらかというと積極的に投資したいですよね。 個人的にはこれからの時代インデックスというよりは個別を主に狙いたいですね。 中国株はインデックスではどうかなと思うのですが、 今後も利益が伸びそうな企業がたくさんありますので、 個別で絞って投資するのが良いのではと考えます。

その時になってみないと分かりませんが、 自分が50歳以上になったときはきっと債券とアメリカの大型株を中心に考えていると思います。 それなりに資産ができていて、より安定を重視した投資に変わっていると願っています。

これからの十年を考えた場合、 世界は経済危機からまだ全然立ち直っていませんが、 中国をはじめ新興国の人々の可処分所得が徐々に伸び、 それらの国々の内需が大きく拡大するのではと予想しています。 ありふれた予想で済みません。 とは言っても新興国に直接投資するのはそれなりのリスクを伴いますので、 新興国の内需拡大で恩恵を受けるであろうアメリカの企業を中心に投資したいと思っています。 またADR で中国の個別株などにも投資ししていこうと思います。 後はインフレ対策ですね。 日本はデフレとのことですが、世界は紙幣を大量に刷っていますのでこれからもインフレに向かうと思います。 インフレがどこまで進むか分かりませんが、 インフレに強い銘柄、 商品 への投資も行っていく予定です。

投資方針を変更した理由はまだまだありますが、 長くなりましたのでまたの機会にしたいと思います。 とりあえず小遣い稼ぎだった海外投資が、本気に変わってしまいましたので報告させていただきます。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/06/28 19:10 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |

米国株のスクリーニング

株を買う場合、皆さんはどのように銘柄を選んでいるのでしょうか。 私はバフェットのポートフォリオを参考にしてみたり、 ブログなどの記事をきっかけに特定の銘柄を調査してみたりして、 良さそうな銘柄を常に研究しています。 すべての銘柄を調査できるほど時間が有り余っているのであれば良いのですが、 普通の人であれば、家族の時間や仕事などがあるでしょうから、 調べる銘柄は極力絞り込みたいですよね。 そんな時に便利なツールがスクリーニングです。 日本のネット証券の場合スクリーニング機能があったりしますよね。 米国株の場合は私はYahoo! Financeの Stock Screener をよく利用します。

Stock Screenerのページに行くと、 まずCategoryの欄のIndustryで業種を、 Index Membershipの欄で組み込まれているインデックスを指定します。 Index Membershipですが私はよくS&P 500を指定したりします。 S&P 500に選ばれているくらいだからそれなりに安心かなという程度で、 とりあえずざっくりスクリーニングするときに使ったりしますね。

Share Dataの欄のShare Priceは株価で、Market Capは時価総額、 Dividend Yieldは配当利回り、 Betaはボラタリティで例えばダウが1%動いたときにその何倍動くかで、 Betaが2ならば2%動く可能性があることを意味します。 それぞれ最大と最小が指定できます。

Sales and Profitabilityの欄のSales Revenueは売上高で、 Profit Marginは売上高利益率です。 Valuation Ratiosの欄のPrice/Earnings RatioはPERで株価収益率、 Price/Book RatioはPBRで株価純資産倍率、 Price/Sales RatioはPSRで株価売上倍率、 PEG RatioはPEG(price to earnings growth)レシオで、 それぞれ最大と最小が指定できます。

Analyst Estimatesの欄はアナリストが一株当たり利益がどれだけ成長すると予想しているかで、 Est. 1 Yr EPS Growthは一年後で、 Est. 5 Yr EPS Growthは五年後です。 Avg Analyst Recは買い推奨(1)から売り推奨(5)まで指定できます。

Results Display Settingの欄は結果を表示する際に、 どういったデータとともに表示するかを指定します。 Actively Screenedにしておけば、指定したデータとともに表示されます。 ShareにすればShare Dataの値が表示されるようにそれぞれの欄のパラメータが表示されます。

最後にFind Stockを押して、結果を表示させます。 個人的にスクリーニングだけで株を選んで成功したことはありませんが、 調査する銘柄を絞り込むのに便利なツールだと思っています。 こういった目的にはYahoo! FinanceのStock Screenerは十分な機能で便利に使わさせていただいています。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/06/25 18:02 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(0) |

【OANDA】日本語ホームページ

OANDAもそれなりに日本人を意識しているのか、 FXTradeも日本語に対応しているし、 シンガポールのOANDA Asia Pacificの方ですが 日本語のホームページ もあります。

OANDA Asia Pacificのホームページから、 OANDAのユーザ名とパスワードでログインして普通に使えますね。 アカウントは共通のようですので、 OANDA Asia Pacificから日本語で口座開設することも可能ですよ。 ただしMAS(シンガポール金融管理庁)のForm13を記入する必要がありますね。 また問い合わせも日本語で可能なようです。

シンガポールというとオフショアっぽいのですが、 OANDA自体はアメリカの会社なので、 日本より厳しい規制下にありますね。 OANDAのレバレッジは最大で50倍ですし、 NFA(米国先物取引協会)の両建て規制がありますので、 買いと売りのポジションを同時に持つことができないです。 NFAの規制前から両建てできないですけどね。 しかしNFAの会員であることは、それなりの対応を協会から求められますので、 利用者からすると安心材料になると思います。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/06/23 18:03 ] OANDA | Trackback(0) | Comment(0) |

オーバードラフト

今朝"Action requested on your debit card overdraft coverage"というタイトルのメールが、 Union Bankから届きました。 内容はデビットカードやATMでの引き落としの際のOverdraft(貸越)が、 連絡しないとされなくなりますというものです。 私はOverdraftされない方が良いので何もしないでおく予定です。

切った小切手のことを忘れてしまって、Overdraftになってしまうこともあります。 日本の銀行では考えられないのですが、 アメリカの銀行の場合残高の反映にタイムラグがある時があって、 その時にお金をATMで下ろしたりもできちゃいます。

日本の口座でも定期預金の一定割合まで自動で貸越されますので、 一見便利なように感じるのですが、 一旦Overdraftとなると、手数料がめちゃくちゃ高いです。 Union Bankの場合、 12ヶ月間で1~2回目の場合$22、3~5回目の場合$30、6回目の場合$34がOverdraftする度に 手数料として請求されます。 1日に5回まで積算され課金されます。 また7日目以降は1日当たり$6の追徴金を最大で$30まで払う必要があります。 万が一Overdraftしてしまった場合、電話がかかってきますので直ちに対応しましょう。

小切手の額を間違えることはないと思いますが、 特にATMでは残高以上の金額を入力することはありうると思います。 そういう場合にはOverdraftとして取引を成立させてしまうのではなく、 都度拒絶して欲しいですよね。 まあこの場合にも$3くらいは手数料がかかりますがね。

今回の改正では、通常の小切手などの引き落としや、 デビットカードでの定期的な引き落としではOverdraftとなり、 デビットカードの利用やATMでの引き落としでのみOverdraftとならないもので、 大抵の場合こちらの方が都合が良いと思います。

Savingsから補填するOverdraft Protectionはそのままですね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/06/18 17:20 ] Union Bank | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。