ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

REIT

最近アメリカのREITへの投資を考えています。 日本のJ-REITは数銘柄保有しているのですが、 パフォーマンスが今ひとつですし、先行きが不安になってきまして、 アメリカのREIT事情を調査していこうと思っています。

アメリカでいうREITとは収益不動産を保有している会社のことで大抵の場合管理運営などもやっています。 日本のJ-REITは運用管理は外部委託なので、ここら辺がアメリカの場合と違いますね。 不動産融資を行うREITもあります。 REITとして認められるためには、 課税所得の90%以上を配当として株主に分配しなければなりません。

現在アメリカには約135のREITが存在し、全てのREITの時価総額をあわせると1300億ドル程度になります。 上場REITは主要な証券取引所で取引されるところが従来の不動産とは異なっています。 その他に非上場のREITもあるようです。

REITは次のようなカテゴリーに分類されます。

  • Equity REIT
  • 収益不動産を直接所有し、管理し、主たる収益源を賃貸料とするタイプ
  • Mortgage REIT
  • 不動産のオーナーや運用者に直接お金を貸すか、不動産担保ローンを通じて不動産証券化商品に投資しするなどし、利子により収益をあげるタイプ
  • Hybrid REIT
  • 直接不動産を保有しつつ、資金を貸し付ける業務も行っているタイプ

Equity REITはさらにある特定の領域に特化して不動産を保有している場合が大抵のようです。 例えば、住居、商業施設、オフィスビルとか、医療施設、個人向け倉庫、ホテルなどです。 さらに地域限定のREITもあるようですね。ここら辺はJ-REITと同じですね。

REITなので配当が通常の株と比較して高いのですが、 一部にDRIP(配当再投資プログラム)が使えるものがありますね。 個人的にはDRIPが使える方が良いので、 ここら辺から絞りこんで具体的な投資先を調査しようと思っています。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/01/29 17:57 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(0) |

別送品手続き

アメリカ旅行の魅力の一つが買い物、いや最大の魅力が買い物でしょうか。 きっとそういう方は沢山いらっしゃると思います。 妻に至ってはブランド品を沢山買ったあげく、 日本で買った場合の差額からいくら得したと、 私には到底理解できないとんでもない論理展開をしています。 転売するのであれば理解できるのですがね。

そういう私も「アメリカで買うと安いもの」は旅行にあわせて買い物します。 特に革靴ですかね。 個人輸入しても関税が高いですし、旅行の時にできるだけ買うようにしています。 あと趣味でサーフィンをするのですが、 サーフボードもアメリカで買うと大体半値で買うことができるので、 旅行の時についついチェックしてしまいます。

アメリカでサーフボードを買った場合に日本へ持ち帰る手段ですが、 帰りの便で手荷物として預けるか、別送品として郵送するかですね。

サーフボードは大抵手荷物として預けることが可能で、 ロングボードだと国際線で$200程度の料金が別途かかります。 ここら辺の話はまたの機会に記事にしたいと思います。

送る場合ですが、そのまま送ると個人輸入と一緒で税金がかかってしまいますが、 別送品手続きをすると免税になります。 別送品にするには、箱に別送品(Unaccompanied Baggage)と表示を行う必要があります。 店の人に指示しておきましょう。 そして入国の際に携帯品・別送品申告書を書いて提出すると思うのですが、 これを2枚書きます。それらを税関に提出すると1枚に印を押して返してくれます。

日本に到着すると郵便の場合は「税関から外国から到着した郵便物の通関手続のお知らせ」という葉書が届きますので、 携帯品・別送品申告書を葉書を差し出した税関外郵出張所に提出する必要があります。 また運送会社の場合には、運送会社から連絡があり携帯品・別送品申告書を提出したり、 送る際に荷物番号と輸入通関依頼書を渡されて、 日本に着いたら携帯品・別送品申告書と輸入通関依頼書を指定の場所に郵送する場合などがあります。

運送費は私の経験だとハワイからだとロングで200ドル程度、ショートで100ドル程度だと思います。 あと免税枠が20万円なので20万円を越える場合は全額から課税されますので、 別送品手続きをする意味がなくなってしまいます。 その場合は一度使用して市価を下げてから、送った方が良いと思います。 サーフボードを例に挙げましたが、当然他の品物も別送品で送ることができます。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/01/27 19:29 ] アメリカ旅行 | Trackback(0) | Comment(0) |

【AVA FX】AVAFX Mobile Trader

私の携帯はドコモなのですが、iPhoneが羨ましくてしかたありません。 BlackBerryとか今度出るXperiaも気になるのですが、 でも私にはiPhoneが一番魅力的です。 AVA FX もiPhone向けにアプリを提供しています。

iPod touchは持っているので、とりあえずダウンロードして使ってみました。 ダウンロードはiTunesかAppStoreからAVAFXで検索すると、 AVAFX Mobile Traderがでてきますので、インストールしましょう。 AVAFX MTSという名前が付いたアイコンができます。 MTSはMobile Trading Systemのことですね。

AVA FX

そのまえに、対応している口座はAVA Traderだけです。MT4とかの口座はアクセスできません。

アイコンから起動すると、Open an AccountとLoginボタンがでてきます。 Loginを押すと、ユーザネームとパスワードと通貨タイプと言語を選択します。 日本円の口座でも大丈夫ですね。 言語で日本語があります。各国語にきちんと対応してくるあたりがAVA FXらしいですね。 ユーザネームとパスワードは携帯同様保存が可能です。

ログインしてできることは、 ポジション確認、残高確認、注文、注文の変更と削除、レート確認とここまでは携帯と変わりませんが、 チャートが出せます。しかもテクニカルも出せます。 画面が狭いので補助的な感じでが、あるとないとじゃ大違いですね。 これならば電車の中でもチャートを見ながらトレードできちゃいますね。 iPhone、iPod touchユーザの方は是非試してみてください。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/01/26 20:01 ] AVA FX | Trackback(0) | Comment(0) |

First Hawaiian Bank口座開設後

First Hawaiian Bankで口座開設してしばらく経ちましたが、多くの郵便物が届きました。

まず24時間コールセンター利用時の暗証番号の通知書、 きっとこれはあまり使うことはないでしょうね。

今回デビットカードを申し込んでいますので、デビットカードが私と妻の分の2枚届きました。 ジョイント口座でデビットカードは初めてだったのですが、 名前が違うだけで、カード番号は一緒なんですね。暗証番号も一緒ですね。 暗証番号は、24時間コールセンターの暗証番号通知書と同じ形式で送られてきますが別のものです。 ATMと書かれている方ですね。暗証番号は電話で変更できるようですね。

オンラインバンキングも申し込んでいたので、 ユーザーネーム通知書とパスワード通知書が別々に送られてきました。 ちなみにユーザーネームは口座開設時に候補を3つ挙げます。 このユーザーネームとパスワードで、ホームページからログインすると、 まずはパスワードの変更して、いくつかの同意を行って、質問とその回答を3セットを設定して、 画像とフレーズを適当に設定します。 ちょっと初期設定が大がかりですが、銀行は大抵こんなものでしょう。 ユニークなところは画像とフレーズを設定するところですね。 セキュリティ目的なのでしょうが、ログイン時に毎回出てきますので変な画像はどうかと思います。 3ヶ月間アクセスしないと、オンラインバンキングが利用できなくなります。 メールで事前に通知がくるのでしょうかね?

あとは小切手帳が小さな箱に入って届きました。 小切手を使う機会は1年に数回あるかどうかなので、 きっと一生分ですかね。 連名の小切手が興味本位で欲しかったので頼んじゃいました。 ただ住所と名前を確認すると、一部抜けているのを発見。 連絡して新しいのを送ってもらっています。

早速ステートメントも届きました。Checking Accountの場合は毎月、Savings Accountの場合は3ヶ月ごとのようです。

後は、休眠口座にならないように定期的に資金を動かすことですかね。 ちなみにFirst Hawaiian Bankでは、Checking Accountの場合2年、Savings Accountの場合3年取引がないと休眠口座になります。長めですね。 休眠状態になると毎月手数料が発生し、その状態が5年続くとハワイ州の法律で、口座を閉鎖され、州に移管されます。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/01/25 12:40 ] ハワイの銀行 | Trackback(0) | Comment(0) |

アメリカから日本への少額送金

アメリカで投資している運用益を日本に引き上げる場合、 運用先から電信送金で直接日本の銀行に送金したり、 アメリカに銀行口座を持っているのであれば、 一旦銀行口座に資金を移して、そこから電信送金したりするのが一般的でしょうか。

ただこの方法だと、まとまった金額であれば良いのですが、 数万円程度を引き上げる際には手数料が大きく感じますね。 それくらいであればATMカードやデビットカードを利用するのが便利だと思います。

ATMカードやデビットカードは、アメリカの銀行口座を開くと自動的に発行されます。 Checking Accountであればデビットカードがもらえますね。 証券会社でもデビットカードを発行してもらえるケースもありますね。 AVA FX のようにプリペイドのデビットカードを提供している場合もあります。 Nettellerでもプリペイドマスターカードを提供していますね。

このようにATMカードやデビットカードはいろいろと手に入れることができますが、 この中でお勧めはやはり銀行のカードです。 プリペイドのデビットカードは入金時に手数料を取られたり、 使うとわずかですが手数料を取られたりしますし、 証券会社のデビットカードは、 まず作るのに最低預け入れ金額などの縛りが大抵あるために敷居が高いです。 銀行であれば、証券会社からはACHで送金したり、小切手を送って入金したり、 PayPalで出金したりと、口座に資金を移す方法が豊富ですし、 手数料の面でも割安ですね。

しかし問題はアメリカの銀行口座開設が面倒なことでしょうかね。 日本に居ながら口座を簡単に開けるのは Union Bankです。 あとは Pacific Rim Bank がサイン認証が必要ですが郵送で口座開設できます。

銀行のATMカードでも、プリペイドデビットカードでも、 海外発行のカードになりますので、日本で出金する場合は対応したATMで行わなくてはいけません。 確実なのはゆうちょ銀行のATMです。 ゆうちょ銀行のATMではInternational ATM Serviceという、 海外の金融機関が発行したクレジットカード又はキャッシュカードにより現金の引出しができるサービスを行っています。 VISA、VISAELECTRON、PLUS、MasterCard、Maestro、Cirrus、American Express、Diners Club、JCB、China Unionpayのいずれかのブランドマークが付いたカードで利用できます。 残高確認などはできず、単に出金だけです。当然ですが日本円での出金です。 ATMカードやデビットカードでは大抵1日の出金制限がありますので、それ以上の出金はできません。 ゆうちょ銀行の制約は100万999円みたいですが、カードの制限の方に普通引っかかりますね。

セブン銀行のATMでは2009年12月14日より海外発行カードMasterCardブランドの利用が停止されています。 あくまで停止で、いずれ再開するものと思います。

出金すると手数料がかかるのですが、通常のATM利用の手数料と、為替手数料が必要になりますが、 数万円程度の引き落としであれば、数百円程度ですむと思います。

このようにコストが安いですのでアメリカの銀行口座が休眠口座にならないように、 定期的に少額をATMで引き落とすといった使いかたもありますよね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/01/20 15:56 ] 海外送金 | Trackback(0) | Comment(4) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。