レンタカー

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します
24Option

24Optionは2015年7月より日本在住の方の新規口座開設ができません。代わりにYBinaryをお勧めします。

海外送金
相互リンク先の 手数料を節約して便利に海外送金する方法 では海外送金全般について様々な情報を公開されております。こちらもあわせてご覧ください。
Skrill
Skrillに関しては「Skrillガイド」で詳しく解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

Hertz Never Lost

先月は仕事でシリコンバレー周辺に居た関係で、ブログが更新できませんでした。 今回の出張で、どうせ会社の金ということでレンタカーにナビをつけてみました。 道を覚えることは、脳の原始的な部分に働きかけるので、 文明に頼りたくないというのが私の持論ですが、 運転も仕事ですので、迷うと能率が落ちますので今回は頼ってみました。

個人だと絶対に予約しないHertzを使ったのですが、ナビは一日13ドルほどしました。 Hertzのナビはネバーロストという名前で提供されています。 早速車に乗り込んで、日本のナビのように電話番号でも入れてと思ったのですが、 操作性は全然違います。 まず起動がとても遅いので、ちょっといらっとしますね。

起動すると、Address/Intersection, Yellow Pages, Previous Destinations, Hertz Returnsなどが表示されます。 住所がわかっているならば、Address/Intersectionを選択します。 ちょっと買い物という場合は、SafewayとかをYellow Pageで探したりできます。 オフィスやホテルなどは、一度入力した後はPrevious Destinationsから探します。 最後レンタカーを戻すときはHertz Returnsから借りた場所を選択します。 そうしてShortest Timeを選択すれば、最短時間ルートをナビしてくれます。

走りやすさとか、風景とかは考慮してくれないのは日本のナビと一緒ですね。 結局ナビの言うことを無視していると、何度も曲がれと催促するところも一緒ですね。 Yellow Pagesで便利と思うことが結構あったのですが、自分の場合一日13ドル払うのであれば、 地図で十分かなと思ってしまいます。 だけど運転に慣れていないなかったり、全く知らない土地であれば価値がありそうですね。 日数が少ないのであれば、時間も節約できて、料金もさほど増えないから良いかもしれませんね。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/07/06 00:29 ] レンタカー | Trackback(0) | Comment(0) |

レンタカー会社選び

アメリカに旅行する際に毎回レンタカー会社をどこにするか迷います。 私の場合は、お気に入りもあるのですが、 長期間借りると結構な値段になりますので料金やキャンペーンなどの割引を考慮して決め ています。 基本的に日本の営業所を通して予約できる保険と税金とガソリンが含まれていて現地決済 のものが、 結果的にお得な場合が多く、よく利用します。

以下は主要なレンタカー会社の個人的な見解です。

  • AVIS
  • GM系の車が主です。料金は若干高めですが、わりと新しい車が借りられることが多いです ね。 税金の高い州で、ウルトラパックが保険や税金が含まれていておすすめです。 電話で現地通貨での予約ができます。
  • Hertz
  • Ford、Toyotaの車が主です。ここも料金高めです。私は1回しか利用したことがありませ ん。 頻繁に利用する方や法人がターゲットなのでしょうか。
  • Dollar
  • Chrysler系の車が主です。料金は上の2つよりは若干安いのかもしれません。 らくらくプランが保険と税金を含んでいます。 JCBカードなどのクレジットカードや、JALマイレージバンク会員やANAマイレージクラブ 会員で あれば割引が受けられるキャンペーンを大抵行っています。 該当するクレジットカードが無くても、ANAマイレージクラブとかは入会無料ですので、 事前に入会しておけばだれでも割引が受けられることになります。 このキャンペーンは割引率が結構高いので是非活用したいです。おすすめです。
  • Budget
  • トラックのイメージが強いのと、なんとなく安い印象があるのですが、使ったことがありません。 スーパーゴーバジェットが保険と税金を含んでいます。 クレジットカード割引がありJCB、Master Cardなどで割引が受けられます。
  • Alamo
  • この中では安い方でしょうか。車が多少使い込まれているケースが多いですね。 でも新車も気持ちが良いですが、 多少使い込まれている場合は傷や多少のへこみがついても安心という利点もあります。 Alamo Goldが保険と税金を含んでいるプランですが、 AlamoはALIだけとか保険に全て入らない場合結構安いと思います。 JCBカードでの割引もありますね。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/09/07 17:29 ] レンタカー | Trackback(0) | Comment(0) |

アメリカのガソリンスタンド

アメリカも日本と同じでセルフサービスとフルサービスのガソリンスタンドがあります。圧倒的にセルフサービスが多いですね。日本でセルフサービスが普及して、自分でガソリンを入れるのは慣れていると思いますが、少し勝手が違いますのでまとめます。

1. ガソリンスタンドを探す
レンタカーのリターンの時とか、空になりそうなときになかなか見つからないのがガソリンスタンドですね。少し慣れてくると値段が気になります。レンタカーは一番安いレギュラー(Unlead)で十分です。看板で値段を確認するのですが、1ガロン(約3.8リットル)あたりの値段です。安いところを見つけたいですね。

2. 車を給油機の前に止める
日本と同じですね。アメ車の場合、給油口を開けるレバーは付いていない場合がほとんどで、自分で手で開けます。キャップもYANASEの車と違って鍵が付いていません。エンジンを止めてキーを抜きます。

3. 給油機のナンバーを確認してオフィスへ
以前は日本のクレジットカードを機械に通せたのですが、今は大体Zip Code(郵便番号)を入れる必要がありますので、日本のクレジットカードは機械に通せないです。オフィスに行って店員に番号を告げます。
クレジットカードで満タンにしたい場合は、その場では値段が決まらないので、クレジットカードをオフィスで預かることになると思います。これがいやな場合、とりあえず適当な額(例えば40ドル分)を清算します。現金でももちろん大丈夫です。

4. ガソリンを入れる
日本のセルフと同じようにノズルを取り、給油して、止まったら満タンです。ノズルを戻して、給油口を閉めます。

5. 再びオフィスへ
再びナンバーを告げて清算します。適当な額を事前に清算している場合は、差額を清算します。

以上です終わりです。

レンタカーを返すときは、目盛りがFULLであれば大丈夫で、Rental Car Returnの近くのガソリンスタンドに行く必要はありませんので、少し早めに見つけたガソリンスタンドで給油を済ませて、安全運転を心がけましょう。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2008/06/22 22:27 ] レンタカー | Trackback(0) | Comment(0) |

チャイルドシート

チャイルドシートはCar Seatというのですが、小さいお子さんをお連れの場合、レンタカーを借りる際にはCar Seatが必要です。Car Seatはオプションで一日10ドルとか請求されます。日本で良く見る立派なチャイルドシートではなく質素なものを貸してくれます。1週間借りるとそれだけで立派なCar Seatを買うことができます。
1日だけ借りて、すぐにどこかで買って返してしまうのも手ですね。しかし残ったCar Seatを日本に持って帰るのも面倒です。
私は、旅行用にTravel VestというコンパクトなCar Seatを使っています。これは小さくてトランクの中にも入れられます。日本にも日本育児からトラベルベストという商品が出ています。これを買って持っていけばすぐにもとが取れますね。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2008/06/14 21:43 ] レンタカー | Trackback(0) | Comment(0) |

レンタカーの保険

レンタカーの保険は色々あって難しいですね。

まず強制的に加入させられる、自動車損害賠償保険(LP)と呼ばれる対人、対物などの第三者から損害賠償を求められた際に補償される保険ですが、カリフォルニアなどの一部の州では強制ではないです。補償限度額は2万ドル程度で非常に低いです。

次にオプションの任意保険には次のようなものがあります。

1. 追加自動車損害賠償保険 (ALI, LIS, SLI)

自動車損害賠償保険だと補償限度額も補償範囲も非常に狭いですので、この追加自動車損害賠償保険に入ることで補償限度額をアップできます。補償限度額は100万ドルくらいにアップされます。是非入っておきたい保険です。


2. 自車両保険 (LDW, CDW)

盗難、破損など借りた車に生じた損害に対する保険です。これもできれば入っておきたい保険です。


3. 搭乗者傷害保険 (PAI, PAE)

契約者と搭乗者全員に対する保険です。クレジットカードの付帯保険もありますので、家族特約ありのクレジットカードをお持ちで、搭乗者全員が家族の場合は必要ないでしょう。家族特約が付いていないクレジットカードしかお持ちでないならば、この保険に入る必要があると思います。


4. 手荷物保険 (PEP, PEC)

携行品の損害補償です。これもクレジットカードの付帯保険でカバーされるので、家族特約ありのクレジットカードをお持ちで、搭乗者全員が家族の場合は必要ないでしょう。


保険料はレンタカー会社によって、地域によって異なってきます。日数が多いと意外に大きな額になりますし、必ず事前に見積もることをお勧めします。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2008/06/13 18:50 ] レンタカー | Trackback(2) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。