Firstrade

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します
24Option

24Optionは2015年7月より日本在住の方の新規口座開設ができません。代わりにYBinaryをお勧めします。

海外送金
相互リンク先の 手数料を節約して便利に海外送金する方法 では海外送金全般について様々な情報を公開されております。こちらもあわせてご覧ください。
Skrill
Skrillに関しては「Skrillガイド」で詳しく解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

【Firstrade】債券

私の投資は株、FXと商品CFDが主体で、株価指数先物や商品先物などもやったりします。 株式は以前は日本の中小型株を主に取引していたのですが、 年なのか今はアメリカの大型株が主体です。 徐々に安定志向に傾いてきていますかね。 リスク許容度が減ったというより、面倒になってきたというのが正解でしょうか。 そんな私が最近気になるのが債券です。 日本の証券会社だと国債とか、外国債券とか、 または最近SBI証券でSBI債なる社債を販売していましたが、 あまり選択子はないですね。 ほんとうに日本の個人向け債券市場は終わってますね。 しかもSBIのような会社でさえ金利2%未満と低金利ですから、 当然気になるのはアメリカの債券です。 このブログのテーマ的にも日本で買える債券の話をしてもしょうがないですからね。 Firstradeでは債券を取り扱っていてネットで簡単に買えますので、 すぐに投資しないまでも、ちょっと調べてみようと思います。

Firstradeで、Fixed Incomeというタブがありますが、 それを選択すると債券(Bond)のメニューが表示されます。 Search/Buyのところから債券を探して、買うことができるようです。

まず債券の種類を選ぶようになっていますが、 Municipal Bondsというは地方債とでもいうのでしょうか、 州や市や群などの政府が学校や高速道路や病院や下水道などのインフラを建設するために発行する債券ですね。 Corporate Bondsは社債で、様々な格付けの会社の社債が買えます。 Agency Bondsは連邦政府機関債で、政府がスポンサーの会社であったり、 連邦政府機関自体が発行する債券です。 StripsはZero couponと同じで、割引債とかゼロクーポン債で、 利息がでないかわりに、額面より割り引いて買うことのできる債券です。 Treasury bondsは政府が発行する10年以上の国債です。 Certificate of Depositは譲渡性預金証書で、預金みたいなものです。

種類を選ぶと、さらに色々パラメータを指定して検索ができます。 検索で絞られた中からひとつを選択して、数量などを指定して、Preview Orderを押して、 注文内容を確認し、Submit Orderを押すと注文完了です。 注文状態はOrder Statusで確認できるようです。

気になるのは手数料ですが、Net Yield Basisとあり、 価格に含まれてしまって、 表面にはでてこないので分からないですね。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/06/16 19:30 ] Firstrade | Trackback(0) | Comment(0) |

【Firstrade】Firstrade Investor Center

5月5日にFirstradeよりYour invitation to the new FirstradeInvestor Centerという タイトルのメールが着ていますね。 Firstradeのホームページは今となっては古くさい感じでしたが、 今時の機能を使ったホームページの提供を開始しています。

口座をお持ちの方は、早速ログインしてみましょう。 Firstrade Investor Center にアクセスして、いつものようにUser IDとPasswordを入力します。 そうするとSECURE LOGINのページが表示されて、 さらにPINの入力を要求されます。 このPINは5月5日のメールの下の方にSecurity PIN is: ????.のように 書かれていますので、その4桁になります。 これをボタンで入力します。

My Accounts > Settings > Login/Security よりPINが変更できますので、 ログインしたら変更しておきましょう。

目立った変更点は、 注文がどの画面でもできるように下に表示されるようになったことですかね。 ただWillcom D4とか前の世代のミニノートだと表示域が狭いので、 バー状にして小さくすることもできますが、 かえって邪魔な感じです。 あとはInvestor Homeのページで、 色々とカスタマイズができるようになったことでしょうか。 Firstradeでニュースを見る習慣はないのですが、 それなりに情報が増えたような感じがしますね。

HTMLも大分機能拡張されてきて便利になっていますね。 ただあまり多くの機能を使うと場合によってはブラウザを不安定にさせたり、 重くなったりで必ずしも最新が最良というわけではないと思いますが、 Firstradeのページは今のところ快適に使えています。 何かあったとしても 以前のページはそのまま使えますし、 注文などもどちらにも反映されますので安心ですね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/05/12 10:13 ] Firstrade | Trackback(0) | Comment(0) |

【Firstrade】Firstrade Mobile

Firstradeで携帯端末からのアクセスが可能になりました。 http://m.firstrade.comから入ってログインすると利用できます。 i-modeで試してみましたが問題ありませんね。 「このサイトの安全性が確認できません。接続しますか?」とたまに出ますが、無視して使っています。

メニューは、

[1] Market Overview 
[2] Research & Tools
  [3] Quotes
  [4] Movers
[5] Trading
[6] Order Status
[7] Balances
[8] Positions

です。

Market OverviewではDJIA、NASDAQ、SP500の現在値と、ニュースが見れます。 Research & Toolsは結局QuotesとMoversが選択できるだけです。 QuotesではDJIA、NASDAQ、SP500の現在値が参照できます。 シンボルを入れて現在値やニュースなども参照できます。これはトップにもありますね。 MoversではNYSE、NASDAQ、AMEXで値動きが大きい銘柄を調べることができます。 Tradingでは取引を設定できます。 Order Statusで設定している取引を参照できます。 Balancesでは口座残高の確認ができます。 Positionsでは保有している株とオプションの銘柄の株数と評価額が確認できます。

まだ必要最低限といったところですね。これからの改善に期待したいです。 1/31までにモバイルから取引すると、 $299のiPhoneギフトカードが2名に、 $100キャッシュバックが10名に抽選で当たるプロモーションをやっています。 どうせ注文するならば、モバイル端末からやってみたいところです。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/01/14 18:42 ] Firstrade | Trackback(0) | Comment(0) |

【Firstrade】FirstradeNEXT開発中

Firstradeがそろそろ全面改装しそうですね。 現在開発中のようですが、 facebooktwitter で様子を垣間見ることができます。

モバイルも対応するみたいですので結構期待しています。 twitterからスナップショットを見ることができます。 いままでFirstradeのホームページは決して使い易くはなかったので、 どれくらい改善されるか非常に楽しみです。 FirstradeNext、注目ですね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/11/06 17:05 ] Firstrade | Trackback(0) | Comment(0) |

【Firstrade】配当再投資プログラム

配当の受け取りを現金ではなく、株式として受け取るプランがアメリカでは存在します。Dividend Reinvestment Program(DRIP)というこの制度をFirstradeでも利用することができます。方法は簡単で、My Account > PositionsのページにあるReinvest dividends on your positionsをクリックして、Firstrade Dividend Reinvestment Programのページにいきます。ここに名前、電話番号とメールアドレスを書いて、全ての銘柄でDRIPを利用する場合はOption 1を選択、銘柄によって選択したい場合はOption 2で指定します。

配当として割り当てられた株は、当然1株未満の端数となることもあり、株数が小数点を含んで割り当てられます。税金は10%払う必要がありますので、受け取る配当金の90%が再投資されることになります。売却の際は、小数点を指定することはできませんが、100.1株保有しているのであれば、100株売却することで100.1株売却することができます。

再投資に際して売買手数料などは発生しないので、長期投資を考えている場合はドルコスト平均の効果もあって有効だと思います。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2008/10/03 11:23 ] Firstrade | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。