OANDA

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します
24Option

24Optionは2015年7月より日本在住の方の新規口座開設ができません。代わりにYBinaryをお勧めします。

海外送金
相互リンク先の 手数料を節約して便利に海外送金する方法 では海外送金全般について様々な情報を公開されております。こちらもあわせてご覧ください。
Skrill
Skrillに関しては「Skrillガイド」で詳しく解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

【OANDA】OANDA Japan

もう一月経ってしまいましたがOANDAもOANDA Japanを設立して日本国内でサービスを開始しています。他の海外FX業者とは異なり、アメリカのOANDAの口座を持っていても強制的に日本に移されることはありません。日本に口座を作りたい場合は、別途口座開設する必要があります。

日本のOANDAは当然円口座のみで、入出金が銀行から簡単に出来ます。取引ツール関係はMT4はまだ使えませんが他のFX Tradeやモバイル関連は同じものが使えます。OANDAですから当然1通貨単位、秒単位スワップです。

既にOANDAの口座を持っている私からすると日本の口座はあまり魅力がありませんが、OANDA自体長年使っていて信頼している業者ですし、使い勝手も良いですので、日本のFX業者としてもお勧めできます。

日本のOANDAのデメリットは、当然レバレッジ規制によって最大25倍となること、入出金手段が銀行以外ないこと、取引通貨ペアが少ないこと、円口座ですので証拠金に利息が付かないこと、円口座しかないのでドル建てやユーロ建てで証拠金を持てないこと、サブアカウントがないので口座を分けて取引が出来ないことです。サブアカウントはMT4をサポートする予定ならば必要かと思いますので、サポートされるようになるのではと思っています。サブアカウントは例えばスキャル口座とスワップ口座のように分けて使えて便利ですから是非欲しい機能ですね。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/09/27 18:09 ] OANDA | Trackback(0) | Comment(0) |

【OANDA】金銀取引停止

OANDAからメールが届いていますが、7/15よりXAU/USD, XAG/USD, XAU/JPY, XAG/JPYの取引ができなくなります。 これはドッド・フランク法によるもので、消費者に対し貴金属のレバレッジ取引が禁止されることになります。 当然アメリカのみで、アメリカ以外のOANDAの口座であれば継続して取引可能なようです。 アメリカ人以外は、ヨーロッパの口座にポジションを閉じることなく移動することもできるようです。 レバレッジ取引が禁止されるのは、金と銀だけで、通貨取引に関しては今までと変わらず取引可能です。

ドッド・フランク法にオバマ大統領が署名したのが2010年7月21日ですが、 この法案は金融規制監督を強化するもので、 金融機関にのみ関係しているのかと思っていました。 まさか自分も影響するとは。完全に見落としていました。

ここ1年の金の値動きは、わかりやすいというか、トレンドが形成されていますので、 利益を上げやすい取引ができないのはもったいないですね。 アメリカ人が可哀そうに思えます。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/07/09 06:45 ] OANDA | Trackback(0) | Comment(2) |

【OANDA】MetaTrader4

OANDAでMetaTrader4(MT4)が利用できるようになっています。 MT4はFXなどのクライアントソフトで、 もはやデファクトスタンダードとなっているといって良いと思います。 とても高機能で、チャートのテクニカル指標も豊富に揃っています。 自分でカスタマイズしたテクニカル指標を作ることもできます。 なんといってもMQLという言語でプログラミングすることで自動売買が可能な点に特徴がありますね。 もちろん日本語も利用できます。

そんなMT4ですがOANDAでもとうとう採用となりました。 個人的には、MT4はまだまだ使いこなしていないというか、 FXTradeとかが使い慣れているので、 あまりMT4の必要性は感じませんでしたが、 これを機にちょっと遊んでみようかと思っています。

ONADAの特徴として、デモ口座が永遠に無料で使えるというのがあります。 大抵はすぐ無効になってしまったりするのですが、 OANDAはずっと使えますので、OANDAのMT4のデモ口座でチャートやMQLの勉強をするのはありですね。

取引口座ですが、MT4を利用するためには、MT4が有効になったアカウントを作る必要があります。

  1. もしもFXTradeの口座がなければ作ります。
  2. Fund Management Systemにログインして、アカウントを作ります。
  3. その時に"Enable this account for Meta Trader 4"をチェックします。 アカウント名は適当で大丈夫です。 Primary以外に、先ほど作ったアカウントがFund Management Systemに表示されます。 MT4のアイコンが付いていることを確認します。
  4. 送金します。送金はPrimaryにある残高をTransferから移動させれば良いですね。
  5. OANDA MetaTrader4をダウンロードします。
  6. WindowsのPCでダウンロードしたexeファイルを実行しインストールします。
  7. MT4を起動するとデモ口座のアカウントを作れとポップアップが出てきますが、 消して、メニューよりログインを選択。 ログインIDは先ほど作ったアカウントの数字です。 パスワードを入れ、 サーバーを「OANDA - fxTrade」にし、ログインを押します。

これでMT4で取引可能になります。 取引単位はmicro lots(1000通貨単位)が最小になります。 MT4を有効にしたアカウントに、fxTradeやモバイルからアクセスすることもできます。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/03/08 20:39 ] OANDA | Trackback(0) | Comment(0) |

【OANDA】Net Worthの更新

しばらく旅行に行けないし、 銀行にドルを預けていても利息がつかないので、 OANDAなら証拠金に金利がつくので、 そっちがいいやと小切手を送ったのですが、 net worthの上限を越えているとのことで、 預けることができませんでした。

Net worthって総資産的なものだと思いますが、 口座を開くときには、適当な値でも入れていたとおもうのですが、 そのときも特に意識はしていなかったと思います。

このnet worthを更新しろということですが、 一体いくらにしようか悩みます。 net worthは CNNのサイトで計算できるらしいです。 でも日本円資産を含めるとそれなりの額となると思うのですが、 どうせ証拠を提出しろと言われると思ったので、 ほぼドル資産を申請することにしました。

申請すると案の定、最近の銀行のステートメント(recent bank statements)、 給与明細(pay stubs)、確定申告書(tax returns)、ジョブレター(job letters)など 申請した額を証明する文書を要求されました。

いやはや面倒なことになってきました。 当然英文が良いわけで、 とりあえず銀行のステートメントのひとつと、 証券会社のステートメントとOANDAの残高で大体半分位の額になるので良いかなと思ってコピーを送ったのですが、 もっと必要とのことで、銀行の全口座のステートメントと米国以外の口座などは残高を表示したホームページのコピーをいくつか揃えて送ったところ無事に更新され、入金も反映されました。

全部英文、ドル資産だったからよいものの、日本円の資産を証明する書類を提出する羽目にならなくてほんと良かったです。 でも最悪税務署に行って、納税証明書とか所得証明書とかを英文で作成してもらえばよさそうですけど、 お金もかるし面倒ですからね。 大体、小切手送っているんだからそのまま入金してくれればよいと思うのですが、 面倒なシステムです。

OANDAは顧客がいくらまで預けることができるかは様々な要素で決定しているようですが、 基本的にnet worthと同じ額だけ預けることができるようです。 じゃあ、OANDAの残高と銀行のステートメント分だけをnet worthとして申請しておけば楽だったということみたいですね。 数ドルの利息のためにちょっと労力を使ってしまいました。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/12/30 17:00 ] OANDA | Trackback(0) | Comment(0) |

【OANDA】fxTrade for BlackBerry

今日OANDAの方からメールで教えて頂いて、 まだダウンロードしたてでほとんど使っていませんが、 うれしいので記事にします。 OANDAからfxTradeのBlackBerry版が出ています。 ONADAに口座があってBlackBerryを使っている人なんて、日本に何人もいないでしょうが、 BlackBerryを使っていて為替レートが気になる方もFXGameの口座を作って使えると思います。

インストールはm.oanda.com/rim/fxtrade/download からできます。 インストールして、起動するとFXTradeかFXGameを選んでIDとパスワードを入力すると利用できます。 ここでSaveを選択すると、次回起動以降ログイン画面は表示されなくなり自動的にログインされます。

起動して最初の画面はRatesです。 為替レートがリアルタイムで更新されます。 BlackBerry Boldだと6個表示分の通貨ペアがスクロールせずに見ることができます。 通貨ペアはメニューキーを押してEdit Ratesから設定できます。 ただ通貨ペアの登録と解除だけできてソートが設定できません。 たくさん登録してしまうと、見たい通貨ペアを一目で確認することができなくなって不便です。 ぜひ今後改良してもらいたいですね。

TradesとOrdersとPositionsは私の環境からはエラーになって試すことができませんでした。 私のポジションや注文が多すぎるのか、 原因はなんでなんでしょう。

注文はBuyとSellからできます。 UNITSで通貨数を指定し、 Take Profit, Stop Loss, Trailing Stop, Lower BoundsとUpper Boundsが指定できます。 モバイルからこれらが設定できるのはうれしいですね。 早速注文を出してみましたが問題ないですね。

Chartsを選択して高機能ではありませんがチャートを見ることができます。 5秒、30秒、1分、5分、15分、1時間、1日で、RibbonとCandle Stickのチャートを見ることができます。 リアルタイムでチャートが更新されます。

口座の状態はAccountsから確認できます。これはリアルタイムで更新されないような気がします。

Optionsは接続の設定のようですが、良くわかりません。

ざっといじってみて、レートチェックとしてある程度使えるかなといった印象ですが、 心配なのはバッテリーです。 昔の携帯の話ですが、株取引のiアプリで株価表示していたことがあったのですが、 バッテリーが頻繁に無くなってしまい、結局使い物にならなかったのですが、 これと同じ結果となるか心配ですね。 オートログインもあるし、こまめに起動とExitを繰り返せば大丈夫かもしれませんが、 BlackBerryはバックグラウンドに入っても通信を行うので、 リアルタイム更新はやっぱり心配ですね。 とりあえずバッテリーに気をつけながら、しばらく利用してみたいと思います。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/11/16 19:25 ] OANDA | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。