アメリカの銀行

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します
24Option

24Optionは2015年7月より日本在住の方の新規口座開設ができません。代わりにYBinaryをお勧めします。

海外送金
相互リンク先の 手数料を節約して便利に海外送金する方法 では海外送金全般について様々な情報を公開されております。こちらもあわせてご覧ください。
Skrill
Skrillに関しては「Skrillガイド」で詳しく解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

セブンイレブンのATMで海外デビットカード利用

私は海外の金融機関が発行したデビットカードを何枚か持っていますが、これを日本のATMを使って日本円を下ろすことはあまりやりません。やってもものは試しというか、実験のためですね。生活資金は日本円で持っているのにわざわざATMでドルを両替して手数料を払ってまで引き出す気にはあまりなりません。もっぱら海外旅行と個人輸入の決済用ですね。ですが実はつい先日その実験をやってみました。

仕事でアメリカから同僚が来ていて、いろいろ世間話をして、セブイレのATMで海外発行のカードから日本円が下ろせるのは知っていたのですが、これがとっても便利だという情報を仕入れて、これは実験しなければと思い早速セブンイレブンに行って、First Hawaiian Bankのデビットカードで30,000円を下ろしてきました。

海外発行のカードは、VISA、PLUS、MasterCard、Maestro、Cirrus、American Express、JCB、UnionPay、Discover、Diners Clubが使えるようです。早速カードを入れると、言語を選びます。日本語がありませんね。とりあえず英語なら分かるので英語を選択します。

あとはPINを入れて、引き出しなのでWithdrawalを選択します。次に下ろす先を聞かれるのですが、私の場合はChecking口座からなので、Checkingを選択します。あとは10,000円とか30,000円とか50,000円とか金額を指定するとかボタンがありますので、今回は30,000円のボタンを押します。以上で30,000円が出てきます。

この使い方はアメリカのATMと全く一緒ですね。私もアメリカのATMは使い慣れているので違和感が全くありませんでした。これは確かにめちゃくちゃ便利です。残高も日本円に換算したものですが、レシートにちゃんと出ていますね。

気になるのは手数料ですが、為替手数料は引き出すときにFXのドル円を見たのですが、0.4円くらい取られていそうですね。どこにも出ていないのでうやむやです。これで30,000円で$364.45になり、あと国際取引手数料として$3.64がすぐに引かれました。これは1%ということかなと思います。それからネットワーク使用料として$5.00があと引かれます。手数料は高いのか安いのか微妙ですね。便利なので我慢できるかなといった感じでしょうか。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/03/29 22:05 ] アメリカの銀行 | Trackback(0) | Comment(0) |

Union Bank解約

Union Bankで検索してこのブログに来られる方も非常に多く、大変申し訳ないのですが、Union Bankとの長い付き合いを解消することにしました。個人的にシアトルとかロスに行く機会もあって、便利に使っていたのですが、最近はFirst Hawaiian Bankがメインとなって残高が減っていたところに、CheckingがRegular CheckingがEssentials Checkingとなり、手数料を無料にするには平均で1500ドルを入れておくこととなって、以前よりたった500ドルですが増えてしまったので、これを機会に解約に踏み切ることにしました。

解約はACCOUNT CLOSURE REQUEST LETTER(口座解約依頼書-支店開設口座用)という書類を書いて、郵送で提出する必要があります。この書類をもらうには、住所変更の記事に書いた電話番号に電話するだけです。当然日本語です。

私はCheckingとSavingsを使っていたので、電話でまずはCheckingに一本化する手続きをします。これは口座番号を言ったり、PINコードを押したりするだけでできます。電話だけで完了します。

私は電子メールアドレスを登録してあったので、電子メールでACCOUNT CLOSURE REQUEST LETTERを送ってもらいました。そうでない場合は郵送かFAXでしょうかね。

この書類に各中身は、口座情報として、口座名義、口座番号、確認のための電話番号、署名を書いて。送金先銀行の情報として、送金先銀行コード(ABAまたはSWIFT)、送金先銀行名、送金先銀行の住所、口座番号、受取人名、受取人住所を書くだけです。これをこの書類の上部に記載してある住所に郵送して終わりですね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/02/27 20:44 ] Union Bank | Trackback(0) | Comment(0) |

Union Bankのモバイルバンキング

一ヶ月くらい前からUnion Bankのモバイルバンキングがスタートしています。 株とかFXとかはモバイルの必要性は身に染みて分かるのですが、 日本の銀行ならまだしも、 海外の銀行のモバイルバンキングの必要性は微妙ですね。 ただ思い立ったとき何時でも残高確認ができることは便利ですけど。

私は日本の銀行の場合は振込とかでモバイルバンキングを利用します。 でもアメリカの銀行の場合は、振り込みとかはあまりやらないので、 使い道は入金の確認くらいで、 日本のモバイルバンキングのような画期的な利便性は得られないと思います。

利用するためにはまずPCからオンラインバンキングでログインして、 モバイルバンキングを有効にしなければいけません。 最近ログインすると有功にするためのページが設定するまで表示されていると思います。 一度設定した後も、Account Services > Mobile Bankingから変更できます。 設定はOnかOffしかないです。 設定するとメールが届きますが、 モバイルバンキングのURLとオンラインと同じIDとパスワードということだけの内容です。

モバイルのページにアクセスして とりあえず残高の確認が出きることは確かめました。 BlackBerryからはJavaScriptをOnして利用した方が良いみたいですが、 違いがよく分かりませんね。

Union Bankではブラウザからのアクセスの他に、専用アプリも提供しています。 専用アプリは、iPhone、BlackBerryとAndroidで利用できます。 当然BlackBerryのアプリをダウンロードして試してみました。 BlackBerryのアプリはAppWorldからダウンロードできます。 といってもこのアプリは結局ブラウザが立ち上がるだけなので、 わざわざインストールする必要はないと思います。 でもモバイルの利点があまり分からないので、結局はこれで必要十分ですね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/01/17 20:38 ] Union Bank | Trackback(0) | Comment(0) |

Union Bankの住所変更

日本の銀行の場合、 投資信託とかの口座があると、身分証のコピーとかが必要になりったりしますが、 基本的に住所変更はオンラインで簡単にできますね。

Union BankもOnline BankingのMy Profile > Change Addressからできそうなのですが、 残念ながらできません。 電話で住所変更する必要があります。

私の家はひかり電話なのでかけられませんが、 日本からは00531-11-4864をダイヤルするとフリーダイヤルでつながります。 国際フリーダイヤルってやつですね。 ひかり電話は00で始まる番号にかけることができないので、 010-1-866-236-9743に電話します。 有料ですがアメリカまでは1分9円です。

上の電話番号は、いきなり日本人のオペレーターにつながります。 ただし営業時間があって、日本時間だと

8:30~18:00
火~金1:00~18:00
1:00~17:00
お休み
となります。

オペレーターに住所変更したいと伝えると、口座番号とか聞かれて、 本人確認にいくつか質問をされます。 デビットカードのPINとかもプッシュで入れたりします。

本人確認後に新しい住所を伝えて終わりでした。 運転免許のコピーなどは要求されませんでしたね。 電話で5分程度で終わるし、楽勝でした。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/11/02 13:50 ] Union Bank | Trackback(0) | Comment(0) |

オーバードラフト

今朝"Action requested on your debit card overdraft coverage"というタイトルのメールが、 Union Bankから届きました。 内容はデビットカードやATMでの引き落としの際のOverdraft(貸越)が、 連絡しないとされなくなりますというものです。 私はOverdraftされない方が良いので何もしないでおく予定です。

切った小切手のことを忘れてしまって、Overdraftになってしまうこともあります。 日本の銀行では考えられないのですが、 アメリカの銀行の場合残高の反映にタイムラグがある時があって、 その時にお金をATMで下ろしたりもできちゃいます。

日本の口座でも定期預金の一定割合まで自動で貸越されますので、 一見便利なように感じるのですが、 一旦Overdraftとなると、手数料がめちゃくちゃ高いです。 Union Bankの場合、 12ヶ月間で1~2回目の場合$22、3~5回目の場合$30、6回目の場合$34がOverdraftする度に 手数料として請求されます。 1日に5回まで積算され課金されます。 また7日目以降は1日当たり$6の追徴金を最大で$30まで払う必要があります。 万が一Overdraftしてしまった場合、電話がかかってきますので直ちに対応しましょう。

小切手の額を間違えることはないと思いますが、 特にATMでは残高以上の金額を入力することはありうると思います。 そういう場合にはOverdraftとして取引を成立させてしまうのではなく、 都度拒絶して欲しいですよね。 まあこの場合にも$3くらいは手数料がかかりますがね。

今回の改正では、通常の小切手などの引き落としや、 デビットカードでの定期的な引き落としではOverdraftとなり、 デビットカードの利用やATMでの引き落としでのみOverdraftとならないもので、 大抵の場合こちらの方が都合が良いと思います。

Savingsから補填するOverdraft Protectionはそのままですね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/06/18 17:20 ] Union Bank | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。