Markets.com

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します
24Option

24Optionは2015年7月より日本在住の方の新規口座開設ができません。代わりにYBinaryをお勧めします。

海外送金
相互リンク先の 手数料を節約して便利に海外送金する方法 では海外送金全般について様々な情報を公開されております。こちらもあわせてご覧ください。
Skrill
Skrillに関しては「Skrillガイド」で詳しく解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

【Markets.com】スパイク

Markets.comで12月21日に早速スパイクを体験しました。原油(Crude Oil)のロングポジション複数を取っていたのですが、その日の20:00-20:20にいきなり50ドル以下に下落し、私のポジションは全てストップロスとなってしまいました。ちょうどこのとき忘年会をしていたもので、ポジションの確認なんてしていなかったので気付きもしませんでしたが。

それからその日の23:20くらいには、以前の残高よりも少し多めの金額が口座に振り込まれ、残高的にはラッキーな感じでした。このときに振り込んだ旨のメールが届いて、やっと何かが起きていることに気付いた感じです。

ただ今までのポジションが解消されているので、酔っ払いながらも、なんだよと思いつつポジションを取り直したのですが、次の朝になるとなんと以前のポジションそのままが復帰していました。取り直したポジションがたまたまプラスだったのでラッキーですが、ポジションを復活させるのであればメールが欲しかった。

23日には、英文で理由と謝罪のメールが来ました。OANDAでの経験と比べれば格段にすばらしい対応ですね。残高も現状復帰が迅速でしかも若干ですが色も付けてくれるなんてすばらしいですね。商品系はどこの業者でもまれにスパイクが発生しますが、対応がよい業者は貴重です。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/26 13:33 ] Markets.com | Trackback(0) | Comment(2) |

【Markets.com】モバイルアクセス

携帯でFXやCFDをやられている方は、ひょっとしたら少数派かもしれませんが、私には携帯でのアクセスがとても重要です。一時期Willcom D4を使ってどこでも取引が出来る環境を構築していましたが、最近はスマートフォンが普及してきたこともあって、証券会社もFX業者もモバイル環境を充実してきて、今や外出先ではBlackBerry一つで十分に取引することが可能です。

Markets.comはモバイルが最も充実しているFX業者の一つだと思います。Markets.comのモバイルアクセスは3つの取引プラットフォームを提供しています。

まず一つがMarket Mobile Traderです。HTML5のWebアプリケーションで、iPhone、Android、BlackBerry6で利用可能です。https://iphone.markets.com/にアクセスするだけで、注文やポジションの確認、残高確認などが行えます。このMarket Mobile Traderを利用するにはメタトレーダーの口座を開設する必要があります。Markets.comの場合、メタトレーダーかMarket Traderを選べますが、口座開設の際にデフォルトのメタトレーダーを選択しておく必要がありますね。

Market Traderを選んだ場合は、逆にMarket WAP Traderが利用できます。これでも十分に取引が可能です。私はメタトレーダーの口座を開いたのですが、Market WAP Traderの操作に慣れていることもあってこちらが良かったのですが、Market Traderで口座を開きなおす必要があるとのことで、このプラットフォームは利用していませんが、別のFX業者の同じシステムがi-modeからも利用できましたので、i-mode携帯の場合はMarket Traderで口座を開くことをお勧めします。

またiPhoneの方は、Market iTraderというアプリでの取引も可能です。こちらはチャートまできれいに表示できますし快適に取引が可能です。iPhoneユーザが羨ましいですね。

Markets.comのモバイルアクセスは充実してよいのですが、ミニ口座の場合毎月$20もかかります。標準口座にすることで無料になりますので、モバイルを利用される方は標準口座で口座開設したほうが良いですね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/12 22:36 ] Markets.com | Trackback(0) | Comment(0) |

【Markets.com】円口座

Markets.comでもMetaTrader4の口座で円口座が使えるようになりましたね。これで入出金の為替手数料を気にすることなくレバレッジ200倍で取引することが可能になりました。入金はクレジットカードから為替手数料を気にすることなくできるので、国内のFX業者より利便性も高いのではないでしょうか。

ドル建ての場合、日本のクレジットカードで入金すると大抵は円建て決済ですので、為替手数料を1.6%ほど取られますが、円口座にすると円での請求ですから当然こういった手数料は必要ありません。クレジットカードで300,000円入金して、取引後クレジットカードで300,000円出金した場合、かかる手数料は一切ありません。

この入出金の際の為替手数料以外に円口座の良いところは、確定申告の際の損益計算が円のまま足し算するだけで済むので非常に楽なことと、クロス円の取引がほとんどの場合は、損益が把握しやすいことにあります。

例えば、日本人だとクロス円に馴染みがありますのでクロス円中心の取引になることが多いですが、ポンド円で10,000通貨で100pips取ると10000円の利益となるのは簡単に計算できますね。ポンドドルの場合は10,000通貨で100pips取ると100ドルの利益ですが、決算時のドル円相場次第で7500円とか7600円とか利益が変わってきます。逆にドル口座の場合でドルストレート中心に取引すると損益が把握しやすいですが、クロスは把握が難しくなりますね。そういった意味でも取引通貨ペア毎に口座を設けるのも管理しやすさという点であると思います。

Markets.comの口座通貨はUSD、GBP、EUR、JPYが選べます。もちろん一人が複数口座を持つことも出来ます。CySEC配下で安心ですし、日本語サポートもありますので、国内の低レバレッジに不満であれば、まずはMarkets.comの円口座で海外FXを体験してみるのも良いですね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/27 21:21 ] Markets.com | Trackback(0) | Comment(0) |

【Markets.com】入出金について

海外のFX業者を利用する上で気になるのがやはり入出金ですよね。入金はクレジットカードでできるところが殆どですが、出金はどうなんだろうと気になりますよね。国内FX業者だと銀行振込とかクイック入金とか銀行からの入金だけですから銀行への出金になるのでシンプルでわかりやすいですが、Markets.comもそうですが海外FX業者は複数の入金手段と出金手段を提供しています。ただし入金した分は入金した手段でしか出金することができません。たとえば1000ドルをクレジットカードで入金した場合で口座に2000ドルあって全額を出金する場合は1000ドルはクレジットカードに、残りの1000ドルは自由な手段で出金が可能ですね。

Markets.comの入金手段ですが、クレジットカード、銀行振込、Liberty ReserveとWebMoneyが使えます。Fast Bank Transferは日本の銀行は使えません。クレジットカードはVISA、Master Card、Diners Clubが使えます。JCBやアメックスは使えないですね。Liberty ReserveやWebMoneyは直接的な入出金手段がなくて、FX業者間の移動は良いのですがそれ以外は使えないかなと思いますね。銀行振込はVIPだと手数料をMarkets.comが負担してくれるのですが、ミニ口座と標準口座の場合手数料が高いですから、入金は消去法的にクレジットカードになってしまいますかね。でもクレジットカードもSBIカードでドル決済したり、アメリカの銀行のデビットカードを使ったりすることで為替手数料を無くせますので問題ないです。

入金手段最大額口座への反映
クレジットカード$20,000(7日間で)即時
銀行振込無制限5営業日
Liberty Reserve$5,0001営業日
WebMoney$5,0001営業日

出金手段は、クレジットカード、銀行振込、Liberty ReserveとWebMoney以外にもMoneybookersとNettellerも使えます。クレジットカードへの出金は、入金から1年経ってしまうと出金できなくなります。複数の入金手段を使った場合はクレジットカードからの出金が優先されます。クレジットカードの入金から1年経って出金する場合、自由な出金方法が選べます。出金はさらにMoneybookersとNettellerが使えますのでそこから銀行への出金など自由にできますので便利です。

ボーナスの出金は、1ドルにつき10,000ドル分の取引をする必要があります。たとえば100ドルのボーナスの場合、1,000,000ドル分取引を行わないとボーナス分を引き出せません。ボーナスを放棄して、残額を引き出すことは当然可能です。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/09 09:33 ] Markets.com | Trackback(0) | Comment(8) |

【Markets.com】口座タイプ

Markets.comではミニ口座と標準口座とVIP口座の三種類の取引口座のタイプがあります。よくありがちな最低取引サイズの違いはありませんね。レバレッジ最大200倍、スプレッドもどれでも同じです。

ミニ口座と標準口座の違いは、ニュースが送られてくることと、モバイルでのアクセスが可能になることです。ミニ口座であっても毎月$20支払うことで利用可能のようですが高いですね。ニュースですが、色々なFX業者の口座を持っているとそれぞれの業者からメールが送られてくるのですが、Markets.comのメールの内容は他と比較してあまり充実していないようです。モバイルはFX業者の中でもかなり充実している方だと思いますので、モバイルに重点を置いている方は標準にすることをお勧めしますね。

VIP口座は、標準口座と比べさらに専属マーケットディーラーに無制限にアクセスできることと、SMSでシグナルを無料で受け取ることができます。

これらの口座は初回入金額で決まります。初回入金額が$100-$2499の場合はミニ口座、$2500-$19999の場合は標準口座、$20000以上の場合はVIP口座です。初回入金とは口座開設時に入金した額の合計のようです。複数に分けることが可能です。カードの限度額が少なくても複数枚使って入金することができますね。

ボーナスですが、これは1回目の入金に対してもらえます。ミニ口座では入金に対して10%で$250まで、標準口座では同様に$2000までのボーナスを受け取ることができます。VIPはスペシャルなボーナスがもらえるそうです。ボーナスはこの入金ボーナスの他に$50のウェルカムボーナスと選択できますので、$100入金しても$50のボーナスをもらえますね。この場合は入金ボーナスはもらえませんが率は高いですね。ちなみにボーナスは1ドル引き出すためには1万ドル分取引する必要があります。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/09/17 09:13 ] Markets.com | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。