海外バイナリーオプション

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します
24Option

24Optionは2015年7月より日本在住の方の新規口座開設ができません。代わりにYBinaryをお勧めします。

海外送金
相互リンク先の 手数料を節約して便利に海外送金する方法 では海外送金全般について様々な情報を公開されております。こちらもあわせてご覧ください。
Skrill
Skrillに関しては「Skrillガイド」で詳しく解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

バイナリーオプション自主規制

日本のバイナリーオプションは、バイナリーオプションワーキンググループを設立して春の規制開始に向かって自主規制案策定に動いていますね。そもそもなんで自主規制しなければいけないのか、正直納得がいかないですね。また投資家保護とか言っていますが、ちょっと違うと思います。

バイナリーオプション自体は、一定時間の相場が高いか安いかを予想するだけで、非常に単純で、初心者にも扱いやすい商品だと思います。短時間で取引ができるということは一日で行える取引が多くなるということは確かにいえると思います。そこで初心者が無意味に取引をすれば、大きな損失につながる恐れがあるというのも確かです。バイナリーオプションは勝率の高いタイミングでの取引を多く重ねることで、利益を重ねるものです。無暗に取引をすれば、確実に負けにつながります。初心者の負けを遅くするためには、一日の取引量を抑える意味でも取引期間を長くするのは効果があると思います。

24Option24OptionMarker

では本当に投資としてバイナリーオプションを利用している投資家としてはどうでしょうか。取引期間が長くなることで、予想が難しくなり、投資機会の損失になり、勝率が高いタイミングを逸することになります。これでは勝率が落ち投資として日本でバイナリーオプションをやることは春以降厳しいことになります。

幸いこの規制は日本だけですので、海外のバイナリーオプション業者を利用すれば関係ありません。規制前に海外バイナリーオプション業者に口座開設し試してみることをお勧めします。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/09 21:52 ] 海外バイナリーオプション | Trackback(0) | Comment(0) |

バイナリーオプションで逆さざなみ投資法

最近はどこの国も金融緩和で、高金利で有名だった南アフリカでさえ、7月19日に政策金利を0.5%引き下げてたったの5%となってしまいました。スワップ金利も昔と比べて随分と低くなってしまいましたね。スワップって木曜の朝は土曜日と日曜日の分を含めて3日分もらえるんですけど、たまに月曜日も休みとかだと4日分のスワップがもらえる時もあります。実は木曜日の朝のロールオーバーが行われる時間(夏は6時、冬は7時)を境にスワップ分を打ち消すようにその通貨ペアが売られる現象が良く発生します。でもスワップ金利が低くなってしまったので、昔ほどはっきりとした動きは見られなくなってしまったね。

さざなみ投資法といってロールオーバーの前にスワップの付く方のポジションを取って、スワップをゲットできたら決済するといった投資法が広まったことがありました。でもすぐにこの取引をする人が増えてしまって、スワップ分すぐに値が動いて、しかもスプレッドもあって結局全然儲からない投資方法でした。

24Option24Option

でもバイナリーオプションはスプレッドがないので1pipsでも予想が当たれば勝つことができます。しかもマイナスのスワップも発生しません。ということはロールオーバー前にマイナスのスワップが付く方にハイ・ローでエントリーしておけば、高確率で利益が出そうですね。さざなみ投資法の逆を行けばよいわけです。

で実際のところですが、24Optionではこの時間取引できるのは低金利通貨ばかりで、さざなみ投資法が適用できるものがありません。唯一AUD/USDが取引できますが、ターゲットの時間が週末だったりします。GBP/USDとかUSD/CADとかは動いているのですが、残念ながらこれらのスワップは今となってはもうないに等しいのでさざなみ投資法の値動きは一切見られません。ちなみに60Secondsはどれも取引できないですね。TradeRushではAUD/USDとNZD/USDが取引できます。これらは1時間後のハイ・ローで、AUD/USDならば60Secondsもエントリーできます。

ということでTradeRushならば狙えそうですね。1時間だとさざなみ投資法には長すぎるので意味がありませんから、狙うのであれば60SecondsのAUD/USDに絞られます。実際にAUD/USDはさざなみ投資法が影響した値動きがみられると思います。ただロールオーバーの時間を跨いでの1分では必ずその値動きが見られるとは限りませんね。ロールオーバー前はハイに数回エントリーして、ロールオーバー後にローに数回エントリーするのが良いと思います。周辺の1、2分が勝負ですね。スプレッドがありませんから、この投資法はそこそこの勝率になりますよ。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/07/27 10:05 ] 海外バイナリーオプション | Trackback(0) | Comment(0) |

ボリンジャーバンドを使ったバイナリーオプション戦略

ここ数日はトレンドがはっきりしていて、トレンドで判断してエントリーしていくだけで利益があげられる状況だと思いますが、それでも値動きのない状態がしばらく続いたりしてエントリーしづらい状況がありますよね。 そういったときじっと我慢がまずは基本ですが、次にはこの状態でも有利に取引ができるようにしたくなりますね。

単純に値動きが小さいからといって、境界を選択しがちですが、このときターゲット価格も狭まっていますのでそう簡単に行きません。でも値動きが小さいから大丈夫そうだけどと思いながらエントリーしないでいると、そのまま境界内に収まりやっぱりそうかとなるのでは悔しいだけですよね。 こういったトレンドにない状況ではボリンジャーバンドを使ってエントリーする方法があります。

ボリンジャーバンドをご存じでない方は是非Googleで検索してほしいと思いますが、±2σを超える確率は5%程となりますので、その付近で売りや買いを仕掛けるのが一般的でしょうか。

バイナリーオプションでボリンジャーバンドを活用する場合は、

  1. 移動平均線の傾きがほとんど無い場合で、±2σが狭まっている状態で、移動平均線にちょうどマーケット価格が来たときに境界でエントリー
  2. 移動平均線の傾きが少なめで、±2σのどちらかにマーケット価格が達した時に、その線を大きく超えないと想定して、ノータッチまたはハイ・ローでエントリー
  3. 移動平均線の傾きがしっかりしているときで、移動平均線くらいに戻ってきたタイミングで傾きの方向にハイ・ローでエントリー
あたりがパターンでしょうね。FXの場合はボリンジャーバンドはトレンドが出ているときの押し目買いや戻り売りのタイミングを平均線などでとったりする程度ですが、バイナリーオプションではボリンジャーバンドは使い道が多いですね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/05/14 21:26 ] 海外バイナリーオプション | Trackback(1) | Comment(0) |

バイナリーオプションでトレンドを狙う

バイナリーオプションにはいろいろと戦略があると思いますが、私がバイナリーオプションで基本だと思っているエントリー方法は、トレンドを見極めて、High/Lowを選択するものです。

トレンドを見極めるために、まずはチャートですが、24オプションで提供されているチャートの場合、振幅に合わせてスケールが変わりますし、時間軸が短く以前の値動きが分かりません。トレンドラインも引けませんし。はっきり言ってこのチャートだけで勝負するのはギャンブルだと思います。まずはMT4などが利用できてFX以外にもCFDも数多く扱っている業者、例えば簡単に口座が開けるYouTradeFXなどに口座を開いておいて、自分が取り扱う原資を4つくらいチョイスします。でかいディスプレイがあれば沢山の原資を表示しておくのも良いですね。ただ10分くらいの間にエントリーするかどうか決めますから、あまり多いと慌ただしいですよね。自分が扱う原資をある程度決めておくことをお勧めします。またチャートは5分足で表示しておきます。1分足でも良いですが、そこは好みでしょうね。

チャートをみながら、トレンドがはっきりと出ている原資に対してエントリーするわけです。トレンドが弱い場合はエントリーしないことです。弱いトレンドでも、24Option側のチャートの場合、スケールが変わってしっかりトレンドに乗っているように感じるのですが、ちょっとした値動きであっという間にアウトオブザマネーに持っていかれてしまったりしますね。これでは5分とか10分とか維持するのは厳しいですね。例えば、USD/JPYが83.00から83.50までこの30分で上昇トレンドを一定の割合で形成していた場合、後10分くらいでも十分にHighでエントリーに行けると思います。しかし83.00から83.10くらいの値動きでボラタリティが無い状態ではHigh/Lowではエントリーできません。また83.00から83.40まで20分で上昇し、その後10分間83.40から83.50まで上昇してきたとかの場合、上昇トレンドは維持されていると言えるかもしれませんが、トレンドラインを割り込んだ場合は、エントリーしないほうが無難かなと思いますね。ですのでトレンドラインを引きながら、その傾きとかも考慮して、エントリーするかどうか判断していきます。

24OptionではiPadとか、携帯からも取引できますが、チャートが無いと正直つらいですね。結果を確認するのには良いですがね。つい先日暇な時間にiPadで取引したら負け続けてしまいました。やっぱりチャートをしっかり見てエントリーしたいですね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/03/15 20:21 ] 海外バイナリーオプション | Trackback(0) | Comment(0) |

FXとは勝ち方が異なるバイナリーオプション

FXとバイナリーオプションは扱う原資が同じだったりするのですが、FXで勝てる人が、バイナリーオプションで勝てるとは限らないですね。逆に今までFXをやってうまくいかず、不向きかなと思われた方でもバイナリーオプションを試してみる価値はあると思います。

FXには様々な投資スタイルが存在しますが、私は利益が乗っているときにどこまで利益を伸ばせるかがポイントと思っています。なのでポジションを張った後にも勝負は続きます。逆に意図に反した値動きを察知したら即損切りし、勝率は低くとも利大損小とすることで、結果的に利益につなげることが大事ですね。

一方バイナリーオプションの場合は、利大損小は関係ありません。勝率を上げることに専念するだけです。しかしバイナリーオプションの難しさは6分後とか終了時刻が決まっていて、そこでの価格が予想の範囲にあることかなと思います。トレンドなどをみて、勝率を上げることは出来ても、その瞬間の一瞬の値動きでやられてしまうこともありますね。

でも勝率は適当にやっても50%ですから、トレンドやレジスタンスやサポートを意識するだけで50%以上の勝率を得ることは簡単だと思います。

更にはそのときのボラタリティやトレンドの強さと提示されているターゲット価格などから判断して、High/Lowやワンタッチや境界を使い分けるだけでも勝率は上がります。

しかし問題はリターン率ですね。24Optionはリターン率が良く85%程度ですね。50%でやっていると、例えば5勝5敗で常に100ドルでエントリーする場合、75ドル負けてしまいます。率で考えると勝ち:負け=100:85となればつり合いますので、勝率54%以上あれば勝てるということですね。54%以上の勝率でより多く取引することで利益が積み重なるのが王道かな思います。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/29 12:03 ] 海外バイナリーオプション | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。