アメリカ旅行

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します
24Option

24Optionは2015年7月より日本在住の方の新規口座開設ができません。代わりにYBinaryをお勧めします。

海外送金
相互リンク先の 手数料を節約して便利に海外送金する方法 では海外送金全般について様々な情報を公開されております。こちらもあわせてご覧ください。
Skrill
Skrillに関しては「Skrillガイド」で詳しく解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

2015年からMileagePlusのマイル獲得方法変更

2015年3月1日よりマイル獲得方法が変更になります。従来は飛んだマイル数に応じてマイルが加算されていたのに対して、今後は運賃に応じて加算されます。変更があるのはUnitedとUnited Expressで飛んだ際に加算されるマイル数だけで、その他に関しては変更がありません。

シンガポールから成田まで3328マイルほどありますので、通常往復すると6656マイル貯まりますね。

MemberPremier SilverPremier GoldPremier PlatinumPremier 1K
X 5X 7X 8X 9X 11
SIN-NRT $50325153521402445275533

シンガポール-成田は一番安い航空券で現在503ドルで往復できますが、プレミアでなければ2515マイルしか貯まりません。4141マイルも獲得できなくなることになります。かなりの改悪であることがこれから分かります。

プレミアになるためのPQMの計算方法には変更が無いので、Star Allianceのほかの便に乗ってしまえば従来通りなので、極力そうしようと思います。でも今年から変更された条件で4回Unitedに乗らないとプレミアになれないというのが問題ですね。4回だけはこの改悪を甘んじて受けなければいけないのでしょうね。

ただANAで発券してUAが運行している便に一回だけ乗った場合はどうなるんでしょうかね。UAが運行している便は同様に運賃によるマイル加算になるそうですが、片道ならば半分となりそうですが、3便以上利用する場合はどうするんでしょうかね。FAQにはそこまで細かく書いていないですが、なんか抜け道あると良いですけど。

運賃には燃料代を含みますから、これからインフレになって運賃計算が上回る可能性もありますが、どうせそのときには再度改悪するんでしょうね。あとツアーとかではどのように加算されるのかも見ものですね。まあマイル自体はクレジットカードなどで貯まるものとかあって、相変わらず良く貯まるプログラムで、しかも結構特典旅行も空きがあってしやすいですから、他のプログラムに変えようとはまだ思いませんが。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/06/30 12:41 ] United Airlines | Trackback(0) | Comment(0) |

シンガポール航空のチケットのクラス

最近何かと仕事でシンガポール航空を使う機会があるのですが、個人でシンガポール航空のホームページから予約したときに、マイルが加算されないことがあったのでまとめておきたいと思います。

Unitedだと飛んだだけマイルがもらえるのですが、シンガポール航空の場合下の表のようにクラスによって異なります。シンガポール航空のマイルを貯めているのであれば簡単ですが、スターアライアンスのパートナーのUnitedのマイルに加算する場合は気をつけなければいけません。

ファーストクラスビジネスクラスエコノミー
300% - R
150% - A, F, P
125% - C, D, J, Z
100% - B, E, H, K, L, M, S, U, W, Y
50% - N, Q
10% - T, V

まずはUnitedのベースマイルとして加算されるのは以下のようになります。

ファーストクラスビジネスクラスエコノミー
150% - R, A, F, P
125% - C, J, Z
100% - D
100% - B, E, H, K, L, M, S, U, W, Y
0% - N, Q, T, V

プレミアの条件のためのマイル加算はN, Q, T, V以外はどれも100%のマイルになります。

シンガポール航空のホームページで予約しようとすると、Super DealsやSweet Dealsがあるときは自動的にそれが選択されていますが、安い反面マイルが加算されません。Super Dealsはかなり安いことが多いですが、Sweet Dealsはわずかに安いだけでまったくマイル加算されませんので、考え物です。気をつけたいところです。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/27 15:30 ] United Airlines | Trackback(0) | Comment(1) |

ヒルトンHオナーズVISAカード

ヒルトンの囲い込み戦略の術中にはまり、ヒルトン系列を極力選択するようにしていたのですが、昨年もそれなりに出張とかもあったのですが、会社指定のホテルが違ったりしてヒルトン系列の利用がとうとうゼロ泊となってしまいました。というわけで、しばらく保っていたシルバー会員もブルーに格下げとなってしまい、このままだと7月1日に会員資格は無効となりポイントは失効となるとの通知を受けてしまいました。そこで前々から気になっていた「なんちゃってゴールド」になることに決めました。

「なんちゃってゴールド」とはもちろん正式な名称ではないのですが、ヒルトンのポイント・プログラムのHオナーズでは通常は16滞在または36泊しないとゴールドVIP会員となれないのですが、ヒルトンHオナーズVISAカードのゴールドカードを維持している限りゴールドVIP会員資格を得ることができるので、ヒルトンHオナーズVISAカードホルダーを「なんちゃってゴールド」って巷では呼ぶみたいです。ヒルトン・グランド・バケーションでタイムシェアを買っても維持している限りゴールドだったりしますが、クレジットカードの方が圧倒的に楽にゴールドVIPを維持できますね。先週カードが届いたばかりですので、まだゴールドVIP会員となっていないのですが2週間後くらいに反映されるそうです。

問題の維持費ですが、クレジットカードですから年会費として13,650円がかかります。しかしマイ・ペイすリボに登録すると8,400円となり、さらにWEB明細にして、前年12回中6回以上の請求があれば1,050円の割引を受けられ最安で7,350円となります。ゴールドカードのサービスもありますし、これくらいですから元を取ろうと考えるよりは、ポイントの有効期限とか、VIP会員の維持とか考える手間を省くということで十分だと思いますね。もちろん無料朝食とかで元を取ってもよいですけど。

カードは他のVISAも持っているしメインでは使わない予定ですが、年会費の節約に毎月1,000円くらいの引き落としにでも利用しようかと考えたのですが、1,000円超えないとポイント付かないしで、ちょうどよいのが無いのでちょっと困っています。持ち歩くのは面倒なのでネットとかでの利用かなとおもいますが、どうなることやら。家族カードが1枚無料なので妻用にもカードを作ったので、心配しなくても使ってくれそうな気もします。というわけでこれからは「なんちゃってゴールド」を存分に活用しようと考えています。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/06/12 19:46 ] ホテル | Trackback(1) | Comment(0) |

Hertz Never Lost

先月は仕事でシリコンバレー周辺に居た関係で、ブログが更新できませんでした。 今回の出張で、どうせ会社の金ということでレンタカーにナビをつけてみました。 道を覚えることは、脳の原始的な部分に働きかけるので、 文明に頼りたくないというのが私の持論ですが、 運転も仕事ですので、迷うと能率が落ちますので今回は頼ってみました。

個人だと絶対に予約しないHertzを使ったのですが、ナビは一日13ドルほどしました。 Hertzのナビはネバーロストという名前で提供されています。 早速車に乗り込んで、日本のナビのように電話番号でも入れてと思ったのですが、 操作性は全然違います。 まず起動がとても遅いので、ちょっといらっとしますね。

起動すると、Address/Intersection, Yellow Pages, Previous Destinations, Hertz Returnsなどが表示されます。 住所がわかっているならば、Address/Intersectionを選択します。 ちょっと買い物という場合は、SafewayとかをYellow Pageで探したりできます。 オフィスやホテルなどは、一度入力した後はPrevious Destinationsから探します。 最後レンタカーを戻すときはHertz Returnsから借りた場所を選択します。 そうしてShortest Timeを選択すれば、最短時間ルートをナビしてくれます。

走りやすさとか、風景とかは考慮してくれないのは日本のナビと一緒ですね。 結局ナビの言うことを無視していると、何度も曲がれと催促するところも一緒ですね。 Yellow Pagesで便利と思うことが結構あったのですが、自分の場合一日13ドル払うのであれば、 地図で十分かなと思ってしまいます。 だけど運転に慣れていないなかったり、全く知らない土地であれば価値がありそうですね。 日数が少ないのであれば、時間も節約できて、料金もさほど増えないから良いかもしれませんね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/07/06 00:29 ] レンタカー | Trackback(0) | Comment(0) |

ESTAの14ドル

すぐに記事にすべきでしたが、 2010年9月8日より、ESTA(エスタ)の申請が有料になっています。 ESTAは2年間か申請者のパスポートの有効期限まで有効ですので、 これ以前に申し込んでおけば無料でしたね。 といっても14ドルですので、2年に一度で良いのであれば対した額ではないのかもしれません。

以前の申し込みフローにESTA費用の支払いが追加されています。 支払いはクレジットカードまたはデビットカードです。 マスターカード、ビザ、アメリカンエキスプレス、ディスカバリーが使えます。 JCBカードでも支払いが可能で、ディスカバリーのアイコンを選択し、入力すればOKです。 乳幼児でもESTAが必要ですが、支払いは親のカードで大丈夫です。

有料になって変わったところというと、検索して確認ができるようになりましたね。 トップページからは、申請番号、生年月日とパスポート番号を入れると確認できます。 申請番号を忘れても、「申請番号を紛失した場合は、ここをクリックしてください。」から姓、名、生年月日とパスポート番号で確認できます。

この有料化は旅行促進法(TPA:Travel Promotion Act)によるもので、 認証費用として10ドルが、Corporation of Travel Promotion(CTP)という機関に支払われます。 処理費用として4ドルが、US Customs and Border Protections(CBP)関税国境警備局に支払われ、ESTAの維持に使われます。 処理費用なので申請が却下されても4ドル徴収されますね。 4ドルは何となく分かりますが、10ドルは何に使うのか不透明ですね。 CTPは5月17日にやっとCEOが決まったそうですが、アメリカの納税者は関係ありませんから、 ゆるゆるというか、日本の第三セクターと同じ匂いがしてそうです。 10ドルといえ払うのになにか抵抗を感じます。 なんでもアリフォルニアレベルのコマーシャルでも作るんでしょうかね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/05/25 07:05 ] アメリカ旅行 | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。