米国株

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します
24Option

24Optionは2015年7月より日本在住の方の新規口座開設ができません。代わりにYBinaryをお勧めします。

海外送金
相互リンク先の 手数料を節約して便利に海外送金する方法 では海外送金全般について様々な情報を公開されております。こちらもあわせてご覧ください。
Skrill
Skrillに関しては「Skrillガイド」で詳しく解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

株式による長期投資の再考

2008年あたりで資本主義経済は、市場原理偏重だった時代は終焉を迎え、今なお落とし所を探っている状態が続いていると考えています。

従来型の資本主義であれば、資本が富を産み、株式を購入していくことで富が増えることは理に適ったことでした。しかし富が富を産む世界では、一部の富裕層に富が集中してしまいます。うっ血したマネーは、たまたまリーマン・ブラザーズという動脈瘤が破裂することで症状として現れただけだと思います。回復の望みをつなぐために、大量の国債発行によりマネーを市場にばら撒く実験的措置が続いています。

実験的措置はQE2に続きQE3もきっと年内に行われると思いますが、QE2による副作用はFacebookのせいにさせられてごまかされていますが、ジャスミン革命やオキュパイ運動として症状として出ているように、新興国でのインフレや世界的な貧富の差が拡大しています。

この先どうなるかははっきり言って分かりませんが、元の姿には戻れないことは明らかでしょう。きっと経済的パラダイムが転換する必要があると思います。しかしパラダイムシフトが起こっても大量の国債を前にして、以前のように活気を取り戻すことはかなりの時間がかかると思います。

金融緩和は長期間続きませんから、長期投資を考える場合にはその先をみないといけません。すくなくとも市場全体が拡大を続ける時代は終わっていて、むしろシュリンクすることも想定する必要があるかもしれません。

日本株はすでにシュリンクする市場にありますが、そろそろ単に外国株に逃げてもうまくいかない時代になりそうです。インデックス投資も厳しそうですが、個別株も通貨や経済がどのように変わるかで情勢が変化してきますし、これらを見極めていく注意深さが必要だと思います。

QE3が実施されたあとは不透明な状態が少なくとも2,3年ありそうですから、長期投資に関しては慌てずゆっくりと見極めてからポートフォリオを組んでいこうかなと思っています。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/05/11 00:49 ] 米国株 | Trackback(1) | Comment(0) |

仕込み時か

もう来週から休暇に入られる方も多いと思いますが、そろそろ2012年の相場に向けて株の仕込み時のような感じがしています。VIXが下落トレンドで30を切っていますし、最近のアメリカの雇用関連指標が改善傾向にあります。最も巨大なマーケットであるアメリカの雇用改善は世界景気にも大きなインパクトを与えていくでしょうし、当然アメリカの株価に反映されていきます。

良い傾向はこれだけではありません。年末要因もありますが今ドルが買われている状況ですが、これはドルに対する信頼性が向上している結果と思っています。しばらくはドルが強いかなと思います。というわけでユーロは売られやすいですし、何よりも金などのコモディティに逃げていた資金が米国債などにシフトしていく傾向もあると思います。

今年はマイナスの銘柄も多く、節税目的でマイナス銘柄の処分がちょうど今頃実施されていると思います。こういった株は買戻しが入ることも想定できますね。ということもあって今買って一ヵ月後に処分するつもりでも良いかなとも思います。

ただ多くの金融機関や投資家の傷も癒えていないですし、EUも相変わらず予断を許しませんので、頭は重くゆっくりとしたペースでの上昇するシナリオで考えています。また消費の伸びが芳しくなく若干不安な点もありますね。しかし読みが外れてもQE3が実施される可能性が高まるので、アメリカ株に関しては買いに安心感があるのではないでしょうか。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/16 16:47 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(0) |

バフェットがIBMに投資

バフェットさんは107億ドルでIBM株を5%以上取得しましたね。Lubrizol(LZ)、Bank of America(BAC)ときて次はIBM(IBM)ときましたね。私もそうですが大半の方が意外に思ったのではないでしょうか。「自分が理解できない事業には投資しない」ポリシーのバフェットさんはITを理解したということなのでしょうかね。「IT企業の事業を手助けする会社」と言い訳されていますが、どちらにせよITを理解しないとと思いますが。

IBMの業績は、HPがごたごたしていることもあってか順調ですからね。IBM自体はPC事業を切り離して、ソリューションビジネスに軸足を移すなど、変革が成功している企業です。来年CEOは変わりますが、今までもそうであったように技術の進化に応じた舵取りは難しく、今後トップ次第でIBMの業績は大きく変わるのではと思います。

私はIBMが去年の6月くらいにブラジルに新たな基礎研究所を設立し、石油や天然ガスの分野を中心に、よりスマートな天然資源の発見、探査、ロジスティックスに焦点を置き、天然資源の業界の持続可能性と安全について取り組むと発表して以来、将来資源高となれば大きなビジネスチャンスがあると興味を持っていました。

しかし今年の2月にアメリカのクイズ番組Jeopardy!で、IBMのコンピュータ「Watson」がクイズチャンピオン2人を相手に対戦し勝利しましたが、頓珍漢な回答を連発するはで、インターネットに繋がっている凡人の方がはるかに上という印象が残りました。これを見てそんなものかと投資する気が失せてしまいました。でも株価はそこから絶好調だったわけですが、裏でバフェットが買っていたんですね。後悔です。

過ぎたことを気にしても仕方がないですが、今後IBMがどうかはバフェットが買うくらいですから明るいのでしょう。きっと。IBMはGTOという今後5年から10年先に主流となる技術動向の予想を毎年策定していますが、すくなくともこれくらいさらっと読めないとIBM投資に必要なITの理解に達していないと思いますがね。投資方針がぶれたか?と少し残念な気がしますが、きっと裏に確信があってのことと信じています。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/11/16 23:11 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(1) |

Margin Account

Firstradeの私の口座はMargin Accountですが、基本的に株式にレバレッジを掛けた取引は行わないですが、とっさに売買したい場合に現金を入金して、残高に反映されるのを待っていたのでは数日かかってしまいますので、その場合にMarginで取引することがまれですがあります。

Marginで取引するということは証券会社から借金をして株式を購入することです。このMarginで取引が行えるのがMargin Accountです。Cash Accountを選ぶと借金して株式を購入することが出来ないということです。

借金をするためには最低限の資金が口座にないといけません。FirstradeではMinimum Marginは$2,000ですね。

株式を購入する際に50%までを借金することが出来ます。その50%の資金のことをInitial Marginとか言いますね。FXをやられている方にはお馴染みのいわゆる証拠金ですね。

借金は無期限にすることができます。ただしMaintenance Marginという維持証拠金があって、残高がこれを下回ると強制決済が行われます。これをMargin Callと言いますね。Firstradeでは30%になります。

当然ただで借金できるはずがありません。Marginで取引された株式は担保となり、借金に関しては利息を払う必要があります。当然長く借りていたり、借りる額が増えていくとコストがかさんで行くことになります。というわけで長期でMarginを利用することはお勧めできません。利息は借金の額によって変わりますし、常に変更されますが5%~8%くらいだったりしますので高いですね。

また全ての株式がMarginで取引できるわけではありません。1ドル未満のPenny Stock扱いの株式や、OTCBBで取引される株式やIPOはMarginで取引できません

では例えば$10,000入金すると、取引可能な金額(Buying Power)は$20,000になります。これは$20,000の50%が$10,000だからですね。$5,000分の株式を購入したとして、まだ$15,000取引可能金額が残っていますが、$10,000未満ですのでまだ借金はしていないMarginに達していない状態ですので利息などは必要ありません。一旦$10,000を超えて株式を購入すると借金開始で利息がかかります。

また担保となっている株式の株価が変動すると取引可能な金額に影響します。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/21 20:52 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(0) |

農業関連株

バイオ燃料の普及や、世界人口の増加から食糧不足から食品価格が高騰するagflationという言葉がありますが、agflationが深刻化する前に投資家ができることは、農地を買って鍬を買って農家になることもできますが、やはり農業関連株への投資だと思います。

農業関連株も、農業機械のような一回買ってしまえば終わりのようなものよりも、種や肥料または飼料といった農家が定期的に購入しなければいけない商品を提供する企業が魅力だと思います。

PotashCorp(POT)は世界最大の肥料メーカーです。世界の20%のシェアを持っています。

Archer Daniels Midland Company(ADM)は食品添加物、飼料やバイオ燃料などを作っています。

Mosaic Co.(MOS)は世界最大のリン酸やカリウム化合物のサプライヤーです。

Bunge(BG)は農家から農作物を買い取って顧客に届けるところまでを運営する企業です。

あとは既に記事にしたCosan Limitedも参照してください。

これから景気が悪くなりそうな感じですし、すぐにagflationとはならないと思いますので、とりあえずこれらをウォッチしながら投資機会を窺いたいと思っています。でも近い将来これら企業の株価が上がっていくことを想定しています。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/04 18:59 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。